スポンサードリンク

今回は飛ばしに直結する左の壁についてのお話になります。

 

ドライバーで飛ばそうと思ったら腰が左へ流れてしまい左の壁を作ることができずに悩んでいる人は多いでしょう。

左の股関節に乗ることができずに、左腰が突っ込んでしまう。

こうなると体の軸が倒れてしまうので打ちだしたボールが右へ左へ曲がる原因になってしまいます。

左の壁ができずに悩んでいた昔の僕はよくダウンスイングで腰が左へスエーする癖があり、おかげさまでシャンクに悩まされた経験があります。

 

この左の壁ができない原因としてフォローで左股関節に乗れていないことがあげられます。

 

頑張ってクラブを振りちぎっても左の股関節に乗れというのは難しいことです。

 

なので左打ちの練習が効果的です。

 

左打ちの練習をすることによりおのずとバックスイングでは左の股関節に乗ることになります。

 

なのでこの感覚を左打ちにより覚える練習を行ってみましょう。

 

そうすることで、右打ちに戻してフォローをとった時に感覚の違いに気づくと思います。

右打ちのフォローでもしっかりと股関節に乗れる感覚を掴むことができるからです。

 

つまりこれは左の壁が作れている状態を意味します。

 

 

左の壁を作ろうと意識して右打ちで練習を続けてもなかなかうまくいかないという場合は、180度考えをリセットして、逆打ち(左打ち)で壁を意識して練習するといいです。

 

これは、高山忠洋プロが行っている練習方法です。

高山忠洋プロは左の股関節に乗る重要性を言ってます。

そして、その感覚を掴むために左打ちで5分練習することにより感覚がつかめるとも言ってます。

 

ボールを打たなくても素振りをするだけでも効果があると言います。

wet4t43tgr

左の壁ができずにダウンスイングで腰が左へスエーしてしまっていた僕はこの左打ちの練習を取り入れてみました。

 

逆打ちなので違和感はありますが、股関節の使い方と左股関節に乗るという意味も理解できました。

 

左打ちにすることにより、慣れない動きになるためクラブをゆっくりと動かしやすいのです。

 

なので股関節を意識しやすくなります。

 

まとめると、左打ちを行うことで左股関節に乗る動きを覚えやすくなる。

 

左股関節に乗る動きを覚えやすくなるため、右打ちに戻した後左の壁が作れてスイングが安定する。

左の壁ができずに悩んでいる場合は参考にしてみてください。

右打ちなら左打ちで練習してみる、左打ちなら右打ちで練習してみる。

逆打ちをするだけで、壁の意味が理解できると思います。

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク