スポンサードリンク

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

jeio3o

今回はヘッドスピードを上げるための方法について紹介したいと思います。

 

トップから思い切り振り下ろしてくる人がアマチュアの方はほとんどだと思います。

 

力の強い右手を使ってトップからいきなり思い切り振り下ろそうとするのが一般的な人のスイングですね。

 

でも、腕の力だけを一生懸命に使って振ってもクラブは決して速く振ることはできません

また、インパクト前にスピードが低下してしまう。

インパクトを迎える前に力尽きてしまうことになります。

 

ヘッドスピードを上げて飛距離を稼ぐためには、インパクトからその直後が大事になります。

 

つまり、インパクトからその直後を最も速く振れるようにするのです。

 

ほとんどの方は速く振ろうと思ってトップからいきなり思い切り振り下ろしてきます。

 

これではインパクトの前につから尽きてしまいます。

 

 

なので胸の高さまではゆっくりクラブを下すことを意識してみましょう。

 

そして胸の前から一気にクラブを加速するイメージでスイングします。

 

こうすることにより思い切り振るふり幅を短くすることができますのでミート率を上げることもできます。

 

また、振り下ろす時には左手の小指で引っ張る意識を持つといいです。

 

こうすることによりクラブヘッドをビュン!!と勢いよく走らせることができるからです。

 

腕力が強い人ほどトップの切り返しからいきなりクラブを思い切りおろしてこようとします。

 

でも、トップから思い切り振ったら逆にインパクトで減速してしまうのでインパクト後にヘッドスピードがMAXになることを意識して、切り返しから胸まではゆっくりとクラブを下してくるようにしましょう。

 

以前の僕も切り返しから一気に力を入れてクラブを引き下ろしていました。

 

そのため、一生懸命に振っている感はあるのですが、飛距離はたいしたことない結果になっていました。

 

それよりも胸の位置までリラックスしてゆっくりクラブ下してくる意識を持つほうが一生懸命に振っている感はないのですが、ボールが飛んでいくので切り返しからダウンスイングというのはこういうことか!というのが分かるようになりました。

 

今回の内容は三塚優子プロのヘッドを走らせる理論で紹介されています。

ヘッドスピードを上げて飛距離を伸ばしていきたい方は参考になると思います。

何度も言いますが、切り返しは「ゆっくり」です。

ゆっくり切り返すイメージぐらいで丁度いいです。

この肩手打ちの練習って本当に上達したいなら継続して行ったほうがいいですよ。

体に正しい腕の振りを付け加えるための練習になりますからね。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

 

repoto
スポンサードリンク