スポンサードリンク

最大限の飛距離を得るためにはインパクトでボールに最大限の力を伝える必要があります。
ゴルフで飛距離を伸ばすためにはこのように最大限の力をボールに伝えることを考えることが大事です。
そのために大切になるのがスイング中に正しく体重移動をすることが必須なんですね。
まずは両足の拇趾球を結んだ線上でまっすぐに体重を移動することを考えましょう。

 

これは人によってとらえる感覚は違うと思います。

でも下半身の使い方をマスターするためには今回の内容を実践する価値はあると思います。
この感覚を掴むためには細い板の上でアドレスしてから板が落ちないようにフィニッシュまでスイングすることが大事になります。
なのでイラストのようなイメージを持つだけでもボールに対する力の伝わり方が向上するはずです。

wet24t4
足のかかと上に体重が乗っていると板に乗り切ることが出来ないのですくい打ちになってしまいます。
すくい打ちになると色々なミスが生まれます。

力の伝わり方が弱くなってしまうので、ミート率が下がって飛距離が出ません。

正しい体重移動を身に着けるためには常に左右の拇趾球に乗ることを意識することが大事です。
そうすると細い板の上に乗ってスイングしてもクラブを振りきれることが出来るようになります。

フィニッシュでもよろけることなくバランスよく立つことが大事ですよ。

かかと体重になっている人は細い板の上でバランスを崩すことなくスイングできるかと確認してみましょう。

これができるようになると最大飛距離に近づいていくはずです。

 

自分の最大飛距離を出せるようになるには拇趾球の使い方もスイング中に意識する必要があるのです。

 

 

コツとしては左右の拇趾球の間を直線的に体重移動することができるようになることです。

 

ドライバーで飛ばない、飛距離不足という場合はうまく拇趾球の間で体重移動ができてないことが考えられるので意識して練習してみてください。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク