スポンサードリンク

今回も飛距離アップのための分厚いインパクトを作る方法について紹介したいと思います。
ゴルフで飛ばないと悩んでいる人は多いです。
そこで、飛ばないと悩んでいる人というのは、自分のパワーをボールに伝えきれてないということが言えます。いくら筋肉があっても力があってもそのパワーをボールに効率よく伝えることができないとボールは飛んでくれませんからね。

スイングのパワーを効率よくボールに伝えることができてません。

スイングのパワーをボールに効率よく伝えるためには、ボールを打ちぬく!という意識が必要になります。
ボールをヒットした後にヘッドスピードは落ちるわけですが、そのヘッドスピードの落ち方が少ないほどボールを遠くへ飛ばすことが出来るのです。
これを実現させるのがボールに刺さっている釘をまっすぐに打ちぬくイメージになります。

打って終わりではなくて、打ちぬくからこそインパクトが分厚くなるというわけです。
そして、クラブフェースがスクエアに戻ってきて球もつかまりがよくなります。

この分厚いインパクトで飛ばす釘を打ちぬくイメージは振り遅れに悩んでいる人などには効果があります。
スイング中に体を速く回して飛ばそうとする人は多いです。

体ばかりが速く回ったとしても肝心のヘッドが遅ければ、ボールは飛んでくれません。
体を速く回すことばかりを意識すると振り遅れの原因になります。
そして、振り遅れてフェースがスクエアに戻ってくることが出来ずにボールにパワーを伝えることが出来ないのです。
ボールを釘で打ち抜くという意識を持つことでクラブヘッドがしっかりと前方へ出るようになるのです。
そのため、振り遅れがなくなるのです。

インパクトもスクエアになって球のつかまりが良くなることが分かると思います。

アドレスした時に以下のようにボールに釘が刺さっているイメージを持ってみましょう。

lwegwg4

そして、インパクトではその釘をまっすぐにボールに貫通させるイメージを持ちスイングしてみましょう。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク