スポンサードリンク

ドライバーを握るとだいたいの人は飛ばしたいと思う。

一緒にラウンドしている人がドライバーのティーショットでナイスショットで飛距離を出したらおのずと自分も負けないように飛ばしてやろうと考えがちです。

 

そのためには両足をいつもよりも広げて膝を曲げてどっしりと構えようとする。

そして両腕を大きく構えようとしてボールからの距離を遠くにとってしまいがちになります。

 

腕は力んでこわばり前に突き出すようにして構えがちになる。

つまり両腕を伸ばして体から離して構えることによりスイングの弧が大きくなると思ってボールをより遠くへ飛ばすことが出来ると思っている。

でも、これが逆効果です。

飛ばそうと思うことにより逆に飛ばない打ち方になっている

 

このようにアドレスをしてしまうとボールは逆に飛ばなくなります。

力強くボールを打ちたいというイメージからこのようなアドレスの形になりがちです。

プロゴルファーのスイングをよく見て分析しているとアドレスの膝の角度(折れ具合)や飛球線後方から見て腕がどのような角度で出ているのかが分かります。

これらを参考にして自分が飛ばしたいときの構えを鏡などで比較してみるといいでしょう。

 

一流ゴルファーの選手たちはどんな状況であっても膝を深く曲げることは無いし、腕を前に突き出すこともありません。

 

楽な構えでゆったりとアドレスしているのが分かるかと思います。

では、実際に飛ばしたいときにはどのようにアドレスするのか?

下半身で注意することは両膝です。

 

両膝はほとんど伸ばした状態でアドレスします。

アドレスで一度膝をグッと突っ張るように伸ばした後に膝の力を抜いてみましょう。

そうすることで飛ばすための膝の形が出来上がります。

次に腰の位置ですが、腰はクイっと上に押し上げるように力を入れること。

イメージとしてはお尻の穴を空に向けるような感覚です。

 

このようにお尻を持ち上げるような意識で構えることによって下半身が固まり上半身をしなやかに使うことが出来るようになります。

またこの時に肩や腕はゆったりと軟らかくセットしている意識が大切です。

 

こうすることで、下半身もおのずとどっしりとして膝にも自然と力が入ることが分かります。

腕は前掲した状態のまま真下にダラリとおろします。

その腕を下した位置がグリップする位置となります。

クラブを実際に持って構えるときも、この腕のダラリとした感覚を失わないようにしてください。

両腕はともにダラリとして軟らかくしておきグリップの重みが分かるぐらいの感覚にしておくことが大事です。

まとめますと、

  • スイングの弧を大きくしたいと思うのであればゆったり構える
  • 両膝はほとんど伸ばした状態でお尻を上に持ち上げる
  • 両腕は前傾からダラリと下してその位置でグリップする

 

このようにアドレスした結果、肩や腕がしなやかに使えるようになるのでクラブヘッドが走りやすくなります。

その結果ボールを遠くに飛ばせるようになるのです。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク