スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回の動画ではスイング中にワキは空けるのか締めるのか?についてお伝えしています。

 

あなたもワキは空けた方がいいのか?

 

それもとも、締めた方がいいのか?迷われているのではないでしょうか?

スイング中にワキの開け閉めがどうなっているのかをこの動画を見て確認されてみてください。

スイングアークを大きくして飛距離を出したいのであれば、バックスイングの途中からワキが空いていきます。

そして、トップではワキは空いた状態になります。

動画のように両脇にタオルを挟んで行ってみると分かりやすいですよ。

ワキが締まっている場合は、トップでタオルが落ちません。

 

ワキがトップで空けばタオルは落ちますからね。

 

あなたがバックスイングからトップでワキが空いていない場合はタオルが落ちませんので、トップでタオルが落ちるようにしてみましょう。

 

そうすることによって、スイングアークが大きくなって飛距離アップにつながりますからね。

 

ダウンスイングでタメができないという場合もトップでワキを空けて見るといいですよ。

 

切り返しを下半身から行ってきてトップでワキが空いてフトコロが深いと、右ヒジを体の前に絞り込んでくるスペースができますからね。

 

右ひじを体の前に絞り込んでくることができれば、それがタメになります。

 

はじめは意識してやるといいでしょう。

慣れて来たら考えずに下半身の動きを整えることによって、スイングの再現性も高まり方向性と飛距離の両方を手に入れることができます。

 

ゴルフスイングは再現性が全てと言っても過言ではないですからね。

 

 

再現性の高いスイングを目指しましょう。

 

そのうえで飛距離も方向性も手に入れることができればいいわけです。

またワキを締めたままトップまでいくとスイングが窮屈になりますし、インサイドへクラブを引っ張りこんでしまっている場合は特にフトコロが潰れたトップになってしまいますのでこれはで飛びませんし、スイングの再現性の落ちてしまいます。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 

メルマガではサイトには書いてない濃いノウハウを配信しています。

 

僕がゴルフを始めて、わずか半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分もお伝えしていますのでぜひ真似してみてくださいね。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

貴方も短期間で一気にゴルフを上達させて周りのライバルたちに差をつけていきましょう^^

repoto
スポンサードリンク