つま先上がりのライではハンドアップに構える

スポンサードリンク

どうもゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

今回はつま先上がりのライをうまく打てないという方のために、つま先上がりのライをうまく打つためのコツをお伝えしていきます。

というわけで、今回のテーマは【つま先上がりはハンドアップで打つ】です。

 

まず、つま先上がりでのショットを打つ前の注意点なんですが、つま先上がりではひっかかりやすいというのがあります。

このひっかかりやすいということで、右を向きすぎるというのもあまりよくないことでして、右を向く度合の目安として、例えばグリーンまで150ヤードの距離でつま先上がりのライでしたら、グリーンの右端から、10ヤードほどを狙ってアドレスします。

 

20ヤード、30ヤードと右を向きすぎるというのはよくないということです。

 

次に、つま先上がりのライでは、

1番手大きめのクラブを握るようにします。

そして、短く握る

 

つま先上がりなど、基本的にライが悪いときは大振りができません。

なので、フェアウェイから打つ番手よりもワンクラブ大きい番手のクラブを握って打っていきます。

 

そして、短く握ることによって大振りすることを防ぐことができます。

大振りを防ぐことになるので、ミート率を上げるためにも適しています。

足場の悪いつま先上がりのライからは1番手上げて、クラブを短く持って対応していきましょう。

 

最後に、大事な事として

ハンドアップに構える

これ大事です。

つま先上がりのライの場合、フェアウェイと同じように構えてしまったらどうしてもダフリやトップが出やすくなりますので、おすすめするのが少しだけハンドアップで構えてあげるという事です。

このように構えることによって斜面に対してライ角があってくるので手元が下がりすぎてしまってダフリとかを回避することができます。

ハンドアップで構えることによってレベルに振れるようになるため、ミート率がアップします。

なのでやっぱりミート率と方向性を考えるならハンドアップでアドレスしてレベルに振りやすい構えを整えておくということは大事ですね。

それでは、今回の内容をまとめると、

つま先上がりのライをうまく攻略するためのポイントは

1、左に飛びやすいので右を向く

2、1番手上げて短く握る

3、ハンドアップに構える

 

あなたもつま先上がりのライが苦手ということで、悩まれているのであれば今回の内容を参考にしていただけたらと思います。

最後に、短期間で一気にゴルフを上達させたいというのであれば、僕はその方法をメルマガでこっそりお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウをお伝えしています。

無料メルマガ

さらに、

 

スポンサードリンク