オープンに構えることでひっかけない、意図的にスライスを打つ方法

スポンサードリンク
oerggr

つま先上がりの傾斜ではボールをひっかけやすいです。
目標よりも右を向いて構えるのが基本ですね。
でも、実はそれだけではダメです。
絶対に引っ掛けないためのコツを紹介します。

まずは肩のラインを目標に合わせてスクエアに立ちます。
アイアンはまずはスクエアに構えることがすべてだからです。

スクエアに立ててないミスが意外と多いです。

なので基本に立ち返ってスクエアに立つことにしましょう。
肩の向き、そしてクラブを当てて飛球線と平行になっているかを確認してみましょう。
そして、腰の向きもチェックします。
最後にスタンスですね。
スタンスの向きも要チェックですね。

ここで注意することですが構えてから顔を上げて目標を見ると肩の向きが開いてしまいます。
一度構えたら目線を上げるだけで目標を確認しましょう。

ボールが通常よりも高い位置にあるつま先上がりでは軌道がフラットになってインサイドから入るのでフックしやすいです。
まずはライが悪い時はクラブを短く持って体重移動を少なくしてコンパクトに振ることが基本となります。
それに加えてつま先上がりでは目標よりも少し右を向いて構えますが、それだけでは不十分なので左足を後ろに引いてオープンに立ちます。

その度合いは傾斜の状況によっても違います。

なので基本の立ち方を踏まえたうえで調節するようにしましょう。
スタンスがオープンだとフォローでのクラブの通り道ができます。

そこに手元を通していくようにスイングするとフォローでインサイド軌道になってフックが抑えられます。
カット軌道に振る意識で手元を低く通すことがポインントになります。

目の前の期を避けて右に曲げたりする状況があると思います。

こんな状況で応用ができます。

スタンスは目標よりも左を向いたオープンスタンンスで構えます。
スタンスなりに振ることが出来たら目標に対してのカット軌道で振ることが出来ます。
フェースはしっかり開いて構えないとスライスは出ない。

なので必ずフェースは開いて構えます。
目の前に木がありその左側からインテンショナルスライスをかけたい場合このつま先上がりの打ち方を応用することが可能です。
スタンスは出玉の方向、木よりも左を向きます。
そしてフェース面は目標方向、つまりフェースを開いて構えます。

スイングはスタンスなりです。

目標方向から見ればカット軌道ということになります。
ポイントはフィニッシュでシャフトを立てることです。
手元を高く上げて最後まで振り切ることによってスライスが出ます。

やはりオープンに立つことによってフォローでのクラブの通り道ができます。

 

なのでインサイドに振りやすいです。

 

つま先上がりの傾斜ではインサイドアウトに振るとさらにフックしてしまう。

 

なので左足を引いてオープンに立ってインサイドへ振りぬく意識を持ってスイングしましょう。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

スポンサードリンク