7番アイアンでしっかりグリーンをとらえるショットのコツ

スポンサードリンク
rg34y5454

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

福岡の自宅からです。

今回は7番アイアンでグリーンに乗せたい場合のコツについてお伝えしていきます。

 

ドライバーがうまくいってもあまりパーオンしないという場合は参考にしてください。

ドライバーで230ヤードや240ヤードぐらい打てるようになったらセカンドショットを考えるようにしてください。

それでは、内容に入っていきます。

アドレスでは首の付け根から背骨にかけて多少のハリを感じる

まずはアドレスの形ですが、

よくアドレスが猫背になっている方がいます。

首の付け根から背骨にかけて多少ハリを感じるぐらいの背筋が伸ばされたアドレスを心がけましょう。

アドレスで猫背になっていないかをチェックするために、構えたときに胸を開く感じで首の付け根から背骨に多少ハリをもたせます。

猫背になっている人はこのハリがないため、しっかりしたバランスのアドレスが取れません。

なので、しっかりしたバランスの取れたアドレスを考えて、首の付け根から背中にかけてのハリを意識してみてください。

 

バックスイングでコックを入れる

アイアンではバックスイングでコックを入れましょう。

バックスイングして腕が地面と平行のポジションに来た時にはコックが入り、腕とクラブで作られる角度が90度ぐらいコックを入れてください。

コックを入れることによって、クラブの入射角をダウンスイングでキープしやすくなります。

なので、ダウンブローでのインパクトが可能となります。

ノーコックでアイアンをバックスイングしているという方はコックを入れることを意識してみてください。

また、コックを使うことによってシャフトのしなりであったり、遠心力であったりを最大限に使いやすくなります。

そうすることによってヘッドスピードも上がりやすくなりますので、結果的に飛ばしやすくなるわけです。

なのでバックスイング中はしっかりとコックを使ってタメをキープしたままバックスイングしていくことが大事です。

そうするとダウンスイングでタメをキープしやすくなります。

これが、良いスイングの条件になります。

インパクトは小文字のyを意識

インパクトでは小文字のyのようにハンドファーストでボールをとらえます。

コックのほど気が早い人はインパクトが大文字のYになってしまいます。

つまり横から払う打ち方になる。もしくはボールをすくい上げるような打ち方になるということです。

理想は左腕とシャフトが一直線上になって小文字のyの形でインパクトすることが大事です。

これができたらハンドファーストでボールの先の芝に対してしっかりとヘッドを押し込んでいく長いインパクトゾーンを作ることができます。

下からあおるようにボールだけを払い打ちするのではなくて、しっかりと分厚いインパクトを作ることで低く振りぬいていくことができます。

これがアイアンをうまく打つためのコツになります。

 

それではおさらいです。

アドレスするときに肩回りが丸くなって猫背になっている場合、前傾角度をしっかりとってあげて、あとはクラブをしっかりとライ合わせて構えるために多少手元を下に下げることによってハリのあるアドレスが完成します。

これはアイアンショットを打つための準備の基本になります。なので、猫背になっている場合はこのアドレスを心がけてください。

次にバックスイングでしっかりとコックを入れるという事です。

バックスイングでは左手の親指の方向にコックを入れます。

こうすることによってきれいなオンプレーンのトップができます。

そして、ノーコックでバックスイングを上げていく人に多いのがインパクトの形が大文字のYになっているということ。

こうなると、どうしてもボールに対して厚いインパクトができません。

なので、インパクトの形は小文字のyを意識しましょう。

左腕とシャフトがある程度一直線上になるインパクトの形を作りましょう。

これらができるようになると7番アイアンでしっかりグリーンをとらえていけるショットを打てるようになります。

ダウンブローでインパクトできるようになるとインパクトの感覚が今までにない芯までしっかり当たっている感覚が出てきます。

これは7番アイアンに限らずゴルフのすべてのスイングに言えることでもあるのでこの感覚を早く身に着けるとゴルフの上達の近道になりますよ。

というわけで、今回は以上になります。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいというのであればその方法をメルマガ限定でお伝えしていますのでメルマガ登録してみてください。

僕がゴルフを始めて半年でスコア82をマークしたスイングのキモの部分をお伝えしていますのでお楽しみに。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

スポンサードリンク