スパット2つを設けると方向性が上がる

スポンサードリンク

お世話になります。

トシです。

今回はフェアウェイをとにかくキープしたいという場合に参考にしていただけたらと思います。

方向のミスの原因はアドレスにありがちです。

ドライバーの方向性に悩む人の多くはアドレスが目標を向いていないのが原因ですね。

まずは正しい向きを作ることを心がけてくださいね。

体のラインを目標に向けるスクエアなアドレスはスパットを参考に作ります。

はじめにボールの後ろから目標を見て、

ボールと目標を結んだ線上にスパットを見つけることです。

スパットは線上のボール付近の1メートル前後に2つ見つけることがコツです。

2個のスパットを結んだ線を参考に体の向きを合わせることによって

スクエアなアドレスが作りやすくなるわけです。

また、スイング中には首の付け根を意識するという事もおすすめの方法です。

こうすることによって、首の付け根を回転させるという意識があると

体全体を動かすことができますので、

手打ちにならずに再現性の高いスイングを求める方にとっては意識していただきたいポイントでもあります。

では、今回のフェアウェイをキープしたい人におすすめの方法をまとめると

ボールの後ろに立って

ボール後方と目標までの間にスパットを2つ設定すること。

スパットが1つの場合はスクエアなラインがずれやすくなりますので、

2つのスパットを見つけることが大事ですね。

2つのスパットを結んだ線を参考にして

体の向きを合わせることによって目標に対してスクエアに構えることができるという事です。

そして、2つのスパットを結んだ線に沿ってクラブを振るというイメージがあるといいですね。

あなたがコースで方向性が合わずにフェアウェイをキープできないという場合は

参考にしていただけたらと思います。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させたい場合

その詳しい方法はメルマガでお伝えしています。

メルマガでは再現性の高い正しいスイングを作る詳しい方法をお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

スポンサードリンク