つま先下がりのライからのアプローチはスタンス幅を広げる

スポンサードリンク
2385eee2f4004c3b323348fff8b6d1b8_s

ゴルフ侍トシです。

今回はアプローチのつま先下がりライを打ち分けるための方法をご紹介していきます。

 

まずアプローチの基本としてクラブを体の正面に腕とともに固定をして

そこから胸を左右に回すだけでいいのですが、

基本的に、つま先下がりの場合、腕を伸ばしてボールに合わせようとする人が多いです。

 

ですので、体を回しても腕がついてきませんので、手だけでインパクトを合わせにいくことになって結果トップしてしまったりするわけです。

 

そういうことならということで、

今度は背中を曲げて構えようとする人がいますが、

これでは体の前傾角度が極端にボールにかぶさった形になってしまいます。

 

通常クラブを振っている軌道よりも、クラブが外に動きやすくなってしまいます。

これもよろしくないですね。

 

結果的にバランスが崩れて手で合わせに行ってしまう打ち方になるのです。

こうなるとトップやシャンクが出てしまいます。

 

ではどうしたらいいのか?

打ち方は変えたくないわけです。

 

普段練習している通りの打ち方でつま先下がりのライを対応していきます。

 

では、、まずスタンス幅を広げて構えてみてください。

スタンス幅を広げて構えることによって、ボールとの距離を調整できます。

 

通常セットアップしているクラブの高さを、スタンス幅を広げることによって

通常のセットアップしているクラブの高さを変えないようにボールに合わせていくことができます。

 

スタンス幅を広げながらクラブを下していきます。

こうすることによって、腕と体の距離感を変えることなく

ボールに構えることができるわけです。

あとはこのまま胸を左右に回すだけです。

 

まずはアプローチの場合は動さは常に1つで、

体の動きは常に同じスタンスやボールの位置を変えて状況に対応していきます。

あなたがつま先下がりのアプローチがうまく打てないという場合、

・通常のセットアップ(構え方)は変えずにスタンス幅を広げて対応してみる

 

これをぜひやってみてください。

 

こうすることで、苦手だったつま先下がりのライからのアプローチを

寄せることができるようになるかもしれませんよ^^

つま先下がりのライは基本的にアプローチの難しいライとされていますが、
こういった対処の仕方で簡単に打てるようになりますので
ぜひ、あなたもつま先下がりのライにきたからといって
「うわー。最悪・・・」とか思わずに
スタンスを広げてかまえて、対応していっていただきたいと思います。

 

最後にあなたが短期間で80台、70台を当たり前に出していきたい場合、

その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

僕がゴルフをはじめて半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分をお伝えしていますのでお楽しみください。

スポンサードリンク