アプローチの距離感を上げ幅で作るときの注意点

スポンサードリンク
64b768022e2d1102090813953593cee1_s

ゴルフ侍トシです。
アプローチの距離感についてです。

僕はアプローチの距離感は振り幅で決めるという事は意識していませんが、
ほとんどの人は振り幅で距離感を合わせようとします。

アプローチの距離感は練習を重ねることで、
振り幅のことなど考えることなく体で自然と狙った距離の振り幅というのは身についていきます。

しかし、振り幅で決めたいという方もいると思いますので、
その場合についてお伝えしたいと思います。
テークバックの上げ幅で決めるという場合、
狙った落としどころに運ぶためにどのくらい助走をつけるか?というのがポイントです。

糸巻きボールや角溝ウェッジの昔とは違って、いまのボールとかクラブでのアプローチとなると
必要以上に強いスピンは必要ないと思います。
なので、フォローはテークバックと同じか少し大きめにすっとやわらかく出していきたいものです。

フォローの振り幅はあまり考えることなく、テークバックの上げ幅で考えた方がシンプルなんですね。

結局アプローチが苦手という多くの人は
小さなふり幅の中で切り返しの間をつくることができずに
手を使ってクラブを引き下ろそうとします。
その結果、上体が突っ込んだり手首の角度がほどけてしまったり

スイングが崩れていきます。
テークバックでクラブヘッドが上がりきって切り返しではクラブの重みで戻ってくるのを待つことです。

これがアプローチは振子だといわれる理由だと思います。

距離感の合わない人は短い距離のアプローチでも手首をやわらかくつかってしまって
クラブヘッドが自分が思っているよりも大きく上がってしまったり、
またインパクトでヘッドが走ってガツンと強く入れてしまうケースが多いですね。

また、手首がぐらつくことによってインパクトでのロフトがアドレスの状態と変わってしまい

球の高さも距離感もそろってくれません。
なので30ヤード未満のアプローチなどは手首を固めるつもりで打つくらいの感覚でいいです。
とくに注意してほしいのが右手首の角度です。

アプローチでは右手の平をフェース面とシンクロさせて使いたいので、
スイング中に右手首の角度が変わってしまったらそれと連動してフェースの向きとかロフトも変わってしまいます。

アドレスでは軽く右ワキを締めることが大事ですが、
これによって体の右サイドと右ひじ、右手首が一体になって動く感覚が生まれます。
インパクト以降も右手首の角度をほどくことなく体の右サイドと一緒に押し込むようにスイングするようにしてみてください。
アプローチでも、ショットの場合と同じようにボールを上げようとする動きは厳禁です。

球を上げようとすることによって、ヘッドアップしますので、トップしたり右肩が下がって今度はダフったりあらゆるミスが出てしまいます。
球を上げたいという場合はロフトの多いサンドを使えばそれですむことですので。
万が一それでも足りないという場合はフェースを開きます。

そして、ロフトなりの球を打ったらいいわけです。

ロフトを増やすことなくインパクトする

インパクトのロフトをそろえることはミスを防ぐだけではなくて、
距離感をそろえる上でもとても重要な要素だと思います。

同じ上げ幅でスイングしてもインパクト時のロフトが違っていたら
球の打ち出し角度が変わってしまいますからね。

そして弾道の放物線も変わってしまいますからね。
当然バックスピン量も違ってきますので

落ちどころも落ちてからの球の転がりも変わってしまうというものです。

そうなってくるともはやテークバックの上げ幅で距離感をコントロールする事は出来なくなってしまうわけです。
そして、インパクトの力感とか手先の感覚とかで距離感を調整せざるをえなくなってしまいます。
こうなってしまったらアプローチの距離感はその日の感覚でまちまちになってしまいますし、シビアな場面で頼るべき基準というのがなくなってしまいます。

ゴルフ歴が長くなるとこういった手先の感覚で距離感を作っている人がいますが
それは多くの練習量と経験が支えになっているからです。
でも、調子によって左右されやすいというデメリットもありますので、
手先に頼らない距離感というのを体で養っていくことをお勧めします。

アプローチでも狙いはアバウトに

アプローチの場合もショットと同じように【円】をイメージしてから狙いどころを設定します。

グリーンから遠くなるほど円は大きくなります。

近いほど小さくなります。
ほとんどの人が狙いどころをシビアな点とか線で考えている人が多いですね。
テレビのプロのトーナメント中継を見ていると
プロたちはあわやチップインというようなアプローチを連発していますが
あれはあくまでその週に優勝争いをしている選手たちであって
プロだって普段からあんなにビタビタに寄せるなんてことはできないわけです。

なので、そんなものをアマチュアが考えてみてもひとつもいいことはないです。

例えば20メートルのロングパットを平均してどのぐらい寄せられますか?という話です。

アプローチになったらそれよりも確率が下がってしまうのは当然なんです。

なので、1ピンなどという欲を張ることなく

狙いどころに大きめの円を想定して、そこに収めるための方法を考えてみてください。
ある程度余裕を持った円を想定しておくことで、大きなミスは減ります。

距離感とか方向も一定の幅の中に納まるようになってきます。

今回の内容は以上になります。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させていきたいという場合、
当たり前にスコアー70台、80台を出していくためのスイングのキモの部分をメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフど素人だった僕がゴルフを始めて半年でスコアー82を出したいスイングのキモの部分になりますのでお楽しみください。
【無料メルマガ】ゴルフを始めて半年でスコア82を出した最速ゴルフ上達法

スポンサードリンク