右ひじ曲げたままインパクトするを体に染み込ませる練習

スポンサードリンク

こんにちは。
ゴルフ侍トシです。
福岡の自宅からです。
今日は正しいゴルフスイングを作るために大事な『右腕の使い方』を覚える練習方法です。

右腕というのはインパクトで曲がっていないといけない。ということは常々お伝えしていますが、意識して練習しても右ひじがインパクトで伸びてしまって前傾が起きてしまったり、リリースが早くなって球が曲がるなどの悩みがあるという場合は、今回お伝えする練習ドリルをひたすら実践してみましょう。
ひたすら繰り返し行うことによって、体に動きを染み込ませていくことができますので、妥協せずに「ただひたすら取り組む」ということを我慢強く行ってみてください。

 

僕も練習場に行くと必ず行っている練習です。

 

 

このような練習を行うことによって、
両手で打つよりも、上達のスピードは加速しますからね。

多くの人が右打ちで右利きです。
ダウンスイングで右手が悪さをする(手首をこねたり)動きが入ってしまうというのはほとんどの人がこうなっていますし、また意識してもなかなかこれを矯正することができずに上達の頭打ちになっているという方は多いです。

こういう地味な練習に思えるかもしれませんが、こつこつ行うことによって確実にスイングは良くなっていきますよ。
「今日はひたすら右手だけで打つ練習をしてやる」ぐらいの開き直れる気持ちがあるといいですね。

地味に思うかもしれませんが効果があるドリルですので、ぜひ実践してみてください。

気を付けることとしては、絶対に手首を使ってヘッドを走らせないことです。
手首を使って打つとこの練習の意味がなくなってしまいます。
右肘が90度ぐらい曲がっている意識のままダウンスイング、インパクト、フォローとずーっと右ひじを曲げたままを意識してみてください。
絶対にフォローで右ひじをビヨーンと伸ばすような動きを入れないでください。
絶対にです。

右ひじを曲げたまま体に右ひじが密着しているぐらいのつもりで、意識は腰から腰の高さの振り幅で練習してみましょう。

慣れてくると100ヤードぐらいはキャリーで飛ぶようになります。
はじめは、キャリーで50ヤードぐらいが精一杯かと思いますが、コツコツ繰り返し行っていくと芯でとらえることができるようになりますし、感じよくスイングできるようになりますので、騙されたと思ってひたすらこのドリルを実践してみることをお勧めします。
このドリルが良い理由は右ひじが曲がったままインパクトを迎えることができるので体の近くをグリップが通るためスイングの再現性が高まるというのがあります。
また、フォローでも右ひじを曲げたままを意識して手を返す動きを入れないことによって、球の方向性が安定してきます。

左右に散らばってしまうという方には効果大です。

さらに体の近くをグリップを通す動きを体に染み込ませていくことができますので、球を強く圧縮して打つハンドファーストの形に自然に体に染み込ませていくことができますので、どんどん繰り返し右手一本で球を打ちまくることをおすすめします。
ドライバーが苦手という場合は両手使ってひたすら頭悩ませながら練習するより、こういったドリルを何も考えずにただひたすらこなしていく方が上達は間違いなく速いのでおすすめですよ。

 

あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいというのであれば、さらに詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

メルマガではブログには書いてないゴルフ上達のとっておきの秘訣を伝授します。

スポンサードリンク