まき肩の人はストロンググリップがおすすめな理由

スポンサードリンク

グリップを作る時にまき肩の人はストロンググリップがおすすめです。

自分から見て左手の甲の人差し指と中指のナックルが2つ見えるぐらいですね。

そして、親指はグリップセンターよりも少し右側に置いて

ショートサムにして人差し指とつまむようにします。

そして、次に両手のひらの面が平行に合わさるように持つことをお勧めします。

これできれいなストロンググリップが出来上がります。
次にゴルフスイングで大事なことは
体幹の捻転ですね。
捻じり戻すように体幹を使えるようになるとスイング軸がしっかりできあがります。
背骨を軸にして体の周りをヘッドが回っていくイメージがあると
体幹をしっかり使えてスイングできている証拠と思っていいでしょう。

ここで右手一本でスイングしてみると分かりますが、
左肩よりも低いところへ振っていくイメージができますね。
右手一本で素振りになれて来たら
実際にボールを打ってみるといいです。
そうすることでフェースにボールを乗せて運ぶ感覚が分かってきますからね。

右手一本で球を打つという練習はアプローチを上達させるのと
手をこねる手打ちを克服するのにおすすめの練習方法です。

アマチュアの90%が手打ちになっています。
手をこねる動きが入ってしまうんですね。
これは専門用語でフリックという動きになるんですが、

このブログでもたびたびお伝えしていますのですでにフリックを克服している人もいると思いますが
手を使うフリックで球を打っているとヘッドを跳ね上げる動きになってしまいます。
いわゆるすくい打ちの状態ですね。
しっかりと体の捻転を使ってボディーターンでスイングを作っていくためには
フリックという悪い動きは絶対に克服しなければならないポイントですね。

あなたがすくい打ちになるという場合は右手一本だけで球を打つ練習を行ってみることをお勧めします。

僕もゴルフをはじめた当初は手打ちで例外なく
フリックしていました。
完全な手打ちですね。
それに気づかずにひたすら球を打っていましたのでそりゃ上達しないわけですよ。

これに気づくのに時間がかかる人もいますが僕の場合はすぐにこのフリックという悪い動きに気づいて
それを修正することができて手打ちを克服することができました。

フリックが入ってしまったら
ダフるし、トップするし、
スライスするし、ひっかけるしで
まったく良いことはないですからね。
あなたが短期間で一気にゴルフを上達させていきたいという場合
当たり前に80台、70台を出せるスイングのキモをメルマガ限定で伝授しています。

この機会にメルマガで一気にスコアーアップをしてみませんか?
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

スポンサードリンク