低く長いインパクトゾーンを作る右手一本素振り

スポンサードリンク

こんばんは。
ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

 

今日はジムに行ってきました。
最近ジムに通うようになって筋肉が付いてきたことを実感しています。

ジムでも鏡越しにスイング強化の練習ができるのでいろいろやっています。

 

この練習はバックスイングの正しい捻転を作って上げることと。
手の位置が正しく上がり、トップでフトコロができるバックスイングの練習になります。
始動で右膝をキックイン(フォワードプレス)で始動開始して右手の平が右腰のあたりに来たら、そこから右耳を目指して手を上げていきます。

よくバックスイングで左腕をピーンと伸ばしたがる方がいますが、
左腕をピーンと伸ばそうとすると無駄に体がスエーするだけですので、左腕を伸ばすという意識は捨て去った方がいいです。
左腕というのは遠心力で自然と伸ばされていくと思う事です。
バックスイングで重要な事は捻じれですので、左腕をピーンと伸ばすように使うなどの意識は捨て去ってくださいね。

では、今日の本題に入ります。
今のは本題じゃなかったの?と思われるかもしれませんが、
今日の本題は以下になります。

右手一本だけで素振りすることにより低く長いインパクトゾーンを作る

 

まず、あなたがダフリが出るという場合などはクラブを上から打ち込むような意識でスイングしているという場合、次の練習を実践してみてください。

右手首を甲側に追ったまま右手一本だけでクラブを振ってみてください。

フォローで腕を伸ばすように使うと右手首は手のひら側に折れてヘッドが返ってしまいます。
このヘッドを走らせる右腕を伸ばす動きは絶対にやってはいけません。
これをやってしまったら・・・
ダフリやスライスやチーピンなど色々なミスショットの原因は手打ち。

つまり右手をフォローで伸ばそうとして使う意識がインパクトで手を返す動きになってしまっているということが言えます。
フォローで右腕を伸ばしているつもりでも実はインパクトで右ひじが伸ばされてしまっているというわけです。
グリップエンドはお腹周りを切腹するようなイメージで右手一本で素振りをしてみてください。
そうすることで、手の返さないスイングを作っていくことができます。

低く長いインパクトを作るために右腕の使い方というのはとても重要ですからね。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいというのであれば、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ
メルマガではブログには書けないゴルフ上達の秘訣を伝授します。

スポンサードリンク