リズムシンクロ打法レビュー、購入して実践した感想など

スポンサードリンク
rizumu3

リズムシンクロ打法公式HPはこちら

こんばんは。

ゴルフ侍トシです。

 

今日は、森本プロのシャフトのしなりを生かしてスイングを作るという

リズムシンクロ打法についてレビューしたいと思います。

リズムシンクロという名前には特に意味はないと思っていいです。

 

シャフトのしなりを生かすためにダウンスイング(トップからの切り返し)では下半身リードを行う事。
これを森本さんは強く推奨されています。

 

そして、教材の内容を一部ご紹介しますと、
右足のくるぶしを地面に押し付けるように使うことにより

ダウンスイングで球に体の力を伝えることができるということを森本さんはおっしゃっています。

 

こういうことですね。

↓↓↓

korekorekore2
この右足の内側のくるぶしで地面を抑え込むようにダウンスイングすることにより、
下半身を使ったスイングができるようになるということが1点と。
上半身はトップから何もせずに下半身で引っ張ってきたときに
腕のローテーションという意味でハンガードリルで上半身の動きをマスターしましょう。
ということです。

以下は教材の一部になりますが、このようにハンガーを使って腕の動きを体に覚えこませていくというものです。

korekorekore1
このイメージでスイングを作っていくということですが、
話を右足カカトに戻しますが、右足の内側のくるぶしを地面に押し付けるように使うというのは

カカトがもとよりダウンスイングですぐに外転する動きが早い人にとっては良いと思います。

 
ダウンスイングですぐに右足のカカトが上がってしまう人は、基本的に右膝が前(ボール方向へ)出てしまいますので、こうなるとアドレスでの前傾が起こされてしまいます。

 
そして、前傾が起こされることによって右ひじが伸びやすくなり、またグリップが体の近くを通らなくなるので、スイングの再現性が低くなります。

 
なので、右足カカトがダウンスイングで粘れずにすぐに上がるという場合は、この意識を持つことで下半身の粘りが出てくると思います。

 

僕はこの動きを意識してやるとスエーしやすくなる

僕の場合は、もともとダウンスイングで左サイドへスエーする癖がありましたので、この動きを真似てやると下半身だけではなくて、上半身も一緒に左方向へ突っ込んでいってしまう動きになりやすかったので、
僕には極端に右足カカトを粘るために、右足の内側のくるぶしを地面に押し付けるような動きは意識する必要はないのかなという結論に至りました。
また、先ほどのハンガードリル(ハンガーを持ってダウンスイングする)ですが、
これもダウンスイングで右ひじが右わき付近に絞り込まれるようにするために、右ひじの使い方を体感するには良いドリルだと思います。

 
右ひじが右わき付近に絞り込まれることによって、

右ひじが曲がり体の近くをシャフトが通りますので、タメを覚えるという意味でもそうですが、

体の近くを腕が通る感覚というのを養うには良いと思います。

 

インパクトで右ひじを伸ばして使う人や、ダウンスイングですぐに右ひじが伸びてクラブのリリースが早くなってしまう人にとっては、このハンガーを使ったドリルで、右ひじが曲がっている感覚と、右わきが閉まる感覚というのが分かりやすいと思います。

 
ただ、このハンガーを使ったドリルは、そのままスイングをしていくとフォローで手が返る(フリック)動きになりますので、

球の方向性を重視するのであれば、この手を返す動きは辞めた方がいいと思います。

 

 

手を返すスイングになると、左へ引っ掛けたり、それを嫌がると今度は右へすっぽ抜けたりというミスが出やすくなります。

 
また、積極的に手を返す意識でスイングを作っていくとインパクトですくい打ちの動きになりやすいです。
そして、あなたがハンドファーストでインパクトできないという場合は手を返すスイングは辞めた方がいいと思います。

 

 

すくい打ち(インパクトで手首を使ってしゃくる動き)になっている場合が多いですので。
また、手を返すスイングをする人はクラブヘッドをビュン!っと手元を使って走らせるようにスイングしますので、これだと結局手打ちになります。

 
また、手を返す動きが入るとフォローでグリップが体から離れやすくなり、インサイドアウトの軌道になりやすいです。
なのでフォローで左へ振りぬくことができなくなる(インサイド・インの軌道ではなくなる)ので、
調子が悪いときは左へのフックが強くなったり、それを嫌がってフェースが開いて右へのプッシュアウトということもありがちなので、
僕としては手を返すスイングというのはあまりおすすめできないというのがあります。

 
このリズムシンクロ打法ではハンガードリルでもそうですが、積極的に手を返す動きのドリルになりますので、その辺が「ん~・・・」という感じでした。

 

実際に実践してみて思ったことを書いています。

下半身始動、右足カカトを粘らせる動き、フォローで手を返す動き、これらのことをメインとされている教材です。

 

なので、あとはリズムシンクロというのは特に名前の意味はなくて、あとはリズムよくスイングしましょう~!という意味でつけられたぐらいというように思ってもらっていいです。

なので、僕としては「いまいちかな~」という感じでしたので、B評価とさせていただきました。

リズムシンクロ打法公式HPはこちら

 

スポンサードリンク