ゴルフ上達の近道をたどれば、今から3ヶ月後に80台は簡単

スポンサードリンク

お世話になります。
ゴルフ侍トシです。
今回の動画では正しい腰の回転を体で覚えるためにお伝えしています。

 

アマチュアゴルファーの多くが

正しい腰の回転ができずにその結果手打ちスイングになってしまっています。

手打ちスイングになると

・スライス

・ダフリ

・トップ

・シャンク

・ひっかけのチーピン

などなど多くのミスショットが出てしまいます。

再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けることが

ゴルフを上達させるためにまずは必要な事で

これができないと

いつまでたっても100切り、90切りができません。

たまに80台が出てもまた100を切れなくなるなど

スコアーの波が激しい方や安定しない方は

それはもう小手先を使った手打ちスイングになってしまっているということが言えます。

いくら練習場でたくさん練習して球数を打っても

再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着ける練習をしないことには

ゴルフは上達していきません。

今回お伝えしている動画では

手打ちスイングを克服するための腰の回転について

腰の回す意識ではなく、お尻に意識を向けることの意味と

あなたが最速最短でこれからゴルフを上達させていきたい場合は

7日間シングルプログラムがおすすめであるということをお伝えしています。

スイング中に色々と意識されるポイントがあると思いますが、

シンプルに体に再現性の高い正しい体打ちスイングを覚えこませていくためには、そういった意識するポイントなどは必要ありません。

再現性の高い正しい体打ちスイングが一度身に付けば

練習量が少なくても当たり前に80台、70台を出していくことができます。

逆に手打ちスイングの場合は

いくら練習量が多くてもコースに行くとミスショットに悩まされる結果となります。

たくさん練習してもゴルフがなかなか上達していかずに

あなたが悩まれているのであれば、

僕がおすすめする再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けるための練習に切り替えることをおすすめします。

そうすればゴルフは簡単に上達していきますし、

練習場で無駄にお金を使って球数を消化してもうまくなれないという負のスパイラルから抜け出ることができますよ。

アイアンでダフリが出るとか

ドライバーでスライスするとか

ひっかけチーピンが出るとか

そういったミスショットを克服していくには

再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けることです。

これができるとまず80台、70台と安定してラウンドできるようになっていきますよ。

 

7日間シングルプログラム感想、結果など

スポンサードリンク