アウトサイドイン軌道のスイングの人とクォーター理論は相性が悪い

スポンサードリンク
kuota

どうも、ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

 

今回は桑田泉プロのクォーター理論について、感想をお伝えしようと思います。

桑田泉プロのクォーター理論は人気プログラムです。

結論から言いますと、僕にはクォーター理論は合わないと思いました。

 

腕のローテーションをしっかりできるようになるために、桑田泉プロはダウンスイングで「前倒し」という動きを入れることを推奨しているわけですが、この動きはトップから右手で打ちに行きやすくなるということも言えます。

 

つまりトップから右手を使ってダウンスイングする。

もしくは「前倒し」の動きによってトップから手首をこねてシャフトを体の前に倒すように腕を旋回してくるため、ヘッドの軌道がアウトサイドインになってしまいやすいという欠点があります。

 

桑田泉プロのレッスンは通常のレッスンとは真逆のことを言いながらのレッスンです。

 

例えば、代名詞とも言えるのは「ダフれ!手打ちしろ!ハンドレイトでインパクト!手を返せ!」などがありますが、これらのことは普通はゴルフスイングで良くないとされる真逆の表現です。

 

しかし、桑田泉プロはこれらのことを積極的に行うことを推奨しています。

 

例えばハンドファーストのインパクトを通常のレッスン通りに言われたとおりにやってるけど、うまくできない。ハンドファーストを意識するあまり手元が先行しすぎてクラブフェースがインパクトで閉じることができずに、開いたままで振り遅れのプッシュアウトスライスや右へすっぽ抜けた球がでてしまうなどの場合にハンドファーストは意識する必要がないし、逆にハンドレイトを意識してください。というわけです。

 

つまり、自分が思っているイメージでスイングがうまく行かないなら、逆の意識を持ってみましょう。ということです。

 

確かに、この意識でスイングのイメージと結果のズレを克服できるという人もいるでしょう。

 

でも、僕としてはトップからの「前倒し」という動きは、切り返しでいきなり右手のヒラを地面に向けて下ろしてくるような動きになるため、この前倒しという動きを意識するとアウトサイドからクラブヘッドが下りてくることになってしまいます。

 

手を返すという動きを極端にするという意味でもありますが、これは今アウトサイドイン軌道でスイングしている人にとって、実践することで余計にアウトサイドインを加速させてしまうことにもなりかねません。

この桑田泉プロのクォーター理論でスイングが良くなったという方もたくさんいますが、この理論はやはり人によって合う、合わないがあると思います。

 

実際に僕もそうですが、僕の友人にもこのクォーター理論を実践してもらいました。

その友人は元々アウトサイドインの軌道になっていて、上体の力(腕力)に頼ったスイングをしていました。(友人は元ボクサーというのが腕力でダウンスイングしてしまうのかもしれませんが)

 

その友人に試しに実践してもらいましたが、アウトサイドイン軌道が余計に直らないという状態に陥ってしまいました。

 

手打ちのアウトサイドイン軌道の人がトップからの切り返しで「前倒し」を入れることを意識するとヘッドが背中側ではなく右肩の前に出てきてしまいますので、余計にアウトサイドイン軌道になってしまったということです。

 

なので、あなたがアウトサイドインのスイング軌道を直したいというのであれば、クォーター理論はあまりおすすめできないというのが本音です。

クォーター理論はトップからダウンスイングで下半身から切り返しクラブがヘッドがインサイドから下せているけど、インパクトでフェースが開いてしまうなどの、ローテーションが出来ていないという人の方が分かりやすい理論だと思います。

 

今回の内容は以上になります。d

最後に、あなたが短期間でゴルフを一気に上達させたいというのであれば、その方法を僕はメルマガでこっそりお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフ上達ノウハウを配信しています。

無料メルマガ

スポンサードリンク