手打ちでも飛距離アップするための方法は左腕を回す

スポンサードリンク
09beb207acd97cf26cb73eba0fcd1006_s

ゴルフ侍トシです。

手打ちスイングではうまくなれないのか?

これについてよくご質問をいただくんですけど、
手打ちでもある程度のところまではいけます。

100切りぐらいなら手打ちでも可能です。

でも、手打ちではやっぱり90切り、80切りはかなり難しくなります。
手打ちでも100切りぐらいできるレベルに上達することはできますが、

あなたの目指すところが80台、70台であれば、
必ず手打ちは克服する必要があります。

まず手打ちになっている人はフィニッシュでよくバランスを崩しやすいです。
後ろへのけ反ったりですね。

なぜかというと手を積極的に使うことによってスイング軌道が安定しないので、
フィニッシュで毎回バランスを崩してしまいます。

 

自分が手打ちではなく、しっかりボディーターンの体打ちができていると思われている人は多いですが、フィニッシュで毎回バランスを崩してしまうという場合はそれはもう手打ちになっているという証拠です。

 

 

今回は手打ちでもある程度はうまくなるための方法についてお伝えしていこうと思います。
今のままの手打ちでも100切りできるレベルまでなりたいという場合は参考にしていただけたらと思います。

 

あなたがフィニッシュがバランスよく取れないという場合はチェックしてみてください。

 

 

結果的に手打ちの人は球が左右にばらけます。
一定ではないです。

 

スライスが出たり、ひっかけのチーピンが出たりですね。

 

よく女性に多いのですが、手打ちで球が上がらないとか飛ばないという人は多いですね。

あなたはどうですか?

では、【手打ちで飛距離を伸ばす方法】について。

 

腕というのは体の10パーセント以下の筋力なので、その腕を一生懸命に使ったとしても

 

230ヤード前後の飛距離が限界です。

 

これが手打ちの限界というところですね。

 

ドライバーで230ヤードぐらいしか飛ばないという場合、あなたは手打ちの確率がとても高いです。

手打ちでは大きな筋肉が使えません。
いつものようにバックスイングしてトップでまったくしんどくない緩んだ感じになっていませんか?

 

この時に左腕をバックスイングするときに内側に回していってみてください。

 

すると左の肩甲骨がスライドしてきて背中にハリを感じることができるはずです。

手打ちの場合、バックスイングで左腕を内側に回すことによって、捻転が生まれます。

特に女性の場合はしっかり背中を張るためにも左腕を内側に回すことをおすすめします。

そして、ダウンスイングで左腕を戻すように回すことで捻転がほどけて球に力が伝わるようになります。

同じ手打ちであっても飛距離アップします。

まず、あなたが230ヤードぐらいしか飛ばないという場合は、この左腕を回すということを意識してみてください。

それでは次回も手打ちでも上達したいという場合は参考にしてみてください。

 

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させていきたいという場合、
当たり前にスコアー70台、80台を出していくためのスイングのキモの部分をメルマガ限定でお伝えしています。

 

ゴルフど素人だった僕がゴルフを始めて半年でスコアー82を出したいスイングのキモの部分になりますのでお楽しみください。
【無料メルマガ】ゴルフを始めて半年でスコア82を出した最速ゴルフ上達法

スポンサードリンク