ヘッドアップを意識するよりショルダーキープで球がつかまる

スポンサードリンク
fa0fb5e9fe12093e893a00ede6f90b48_s

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回もあなたのゴルフ上達のために役に立つ情報となれれば幸いです。

では今回のテーマは【左肩甲骨で球がつかまるショルダーキープ】です。

 

あなたは球がつかまらないと悩んでいませんか?

すっぽ抜けやプッシュアウトが出ると悩んでいませんか?

スライスばかりするということで悩んでいませんか?

これら球がつかまらないということはヘッドアップといことがよく言われていますが、ヘッドアップというよりは僕の感覚としてはもっと言うならショルダーアップです。

より細かくミスショットの原因を上げるとするならこれに当たると思います。

 

ミスはヘッドアップというよりもショルダーアップで起こる

トップまではすごくきれいに上がっているのに、ダウンスイングですべての努力が台無しになってしまっている人は多いです。

 

そんな時に最もよく言われるミスとか聞こえてくるミスってだいたいが「ヘッドアップ」という言葉。

でも、この言葉は間違いではないにしてもなんとなくピンとこないというか、直接の原因からは少し離れているように思えるんですよね。

 

僕的にはミスショットの直接の原因は左肩にあると思います。

左肩が開く。

左肩がうわずる。

同時に左腰が引けることでカット軌道になります。

こうなると球はつかまらない。

また、下半身もパワーを受け止めるということができません。

なので力のない球になってしまうわけです。

ヘッドアップも左肩が開くということになるわけですが、かといって頭を上げないように頑張ったからと言っても、必ずしも左肩が開くのを防ぐことはできないと思います。

それよりも、ミスの直接の原因となる左肩が開いたり、うわずったりすることに注意したほうがいいです。

そのための「ショルダーキープ」という言葉を意識してみてください。

インパクトまでは左肩甲骨が目標を見続けるように意識してスイングすることで球がつかまるし、ダウンスイングのパワーをロスなくボールに伝えることができますよ。

 

あなたが球がつかまらないというのであれば、このように左肩のショルダーキープを意識してみてください。

左肩甲骨が目標を見続けるように、インパクトまでは我慢する。

球がつかまらないと悩んでいる人にとってはかなりの覿面効果となるでしょう。

 

それでは今回の内容をまとめると

 

1、頭を残そうとして頑張っていても必ずしも左肩の開き、左腰の引けは防げない。

2、ヘッドアップを意識してしないように意識しても一向にうまくなれない人が存在する

3、ヘッドアップではなくショルダーキープを考えた方が球がつかまる

さて、今回の内容はどうでしたか?

あなたがもっと一気にゴルフを上達させたいというのであれば、その方法をメルマガでお伝えしています。

短期間でゴルフ上達のスイングのキモの部分を掴めますよ。

ゴルフ侍トシのゴルフ上達法垂れ流しメルマガ

スポンサードリンク