アドレスで右ひじが緩やかに曲がっているとスイングが変わる

スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。
福岡の自宅からです。
アドレスのセットアップで大事な事について今日はお伝えしていこうと思います。
題して『アドレスで右ひじはゆるやかに曲がっている』です。

僕はゴルフを始めた当初、アドレスの形を軽視していました。
グリップの握り方もそうですが、アドレスの構え方も同じように「構えたいように構えていた」ので、アドレスの形の重要性に気づいていませんでした。

僕がアドレスで大事だと思ったことの一つとして「右ひじがゆるやかに曲がっている」ということです。

右ひじをピーンと伸ばして構える人がいます。
右ひじを伸ばして構えると右肩が前に出てきてしまいます。
右肩が前に出てくると飛球方向にスクエアに構えているつもりでも肩のラインは飛球方向ではなく左を向いてしまいます。
また、右ひじを伸ばして右肩が前に出るアドレスをしているとアウトサイドインのカットスイングになりやすいです。

アドレスで右ひじというのは自然とゆるやかに曲がっている方が肩のアライメントも正しく目標に対してスクエアに構えることができますし、またダウンスイングもアウトサイドからではなく、インサイドからクラブを下しやすくなります。

 

以下の写真のように右ひじを伸ばすと左手よりも右手の方が上にグリップしていますので、当然右肩が左肩よりも高くなります。

この状態でアドレスの前傾姿勢をとってもらえれば分かると思いますが、右肩が前に出た構えになってしまいます。

hizi1

 

正しいのは以下の写真のように右ひじがゆるやかに曲がっていることです。

緩やかに右ひじが曲がっているとワキも自然と閉まります。

肩のラインも水平になりますので、このまま前傾姿勢を入れていくと正しく右肩が前に出ないアドレスになります。

 

hizi

このように右ひじというのはアドレスでゆるやかに曲がっているというのが大事です。

ワキも閉まりますので、スイング中に体と腕が同調してスイングしやすくなります。

ワキを閉めることの重要性は以前の記事でお伝えした通りです。

右ひじを伸ばしたアドレスになるとワキが空いてしまいますし、ワキが空くことによって体と腕のコネクションが悪くなるのでスイングに一体感が生まれず再現性が低くなります。

まずアドレスの形が大事であることをお伝えしましたが、こういう細かい部分をおろそかにしないように気を付けてみてください。

仮に右ひじを伸ばしたまま打ってみるとか、良いとされていることの逆のこともしながら練習してみると「こうすると悪い動きになってしまう」とか「こうするといい感じにスイングできる」とか、そういったことも体験できるようになります。

 

ゴルフスイングでアドレスというのは重要な要素の1つなので、まずは基本通りにすることを忠実に守ってみてください。

あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいというのであれば、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

スポンサードリンク