クラブは上げて下ろすは間違いって知ってました?

スポンサードリンク

お世話になります。

ゴルフ侍トシです。

再現性の高い正しいスイングを作っていくために、

今回も重要な事をお伝えします。

あなたもこんなことを聞いたことがあるかもしれませんね。

よく上手な人が「クラブは上げて下ろすだけでいいんだよ」ということを

聞いたことがあるという場合、これは間違いです。

このクラブを上げて下ろすだけという言葉が

多くの誤解を生んでしまうんです。

間違って解釈してしまう人が非常に多いです。

例えば、上げて下ろすだけというアドバイス通りにして

バックスイングでクラブを上げていきます。

そして、トップからダウンスイングでクラブを下していくわけですが

多くの上級者は下半身をリードさせて打つと上手く打てると感じています。

ですので、上げたクラブを下すために下半身リードでぐーっとクラブを下そうとしてきますが

クラブは下りてきません。

なぜなら、バックスイングで手でクラブを上げているからなんです。

バックスイングで手でクラブを上げてしまたら

今度はダウンスイングでも手で下してくるしかありません。

手を使ってクラブを下さない限りクラブは下りてきてくれません。

その結果、地面にぶつかるようにクラブヘッドが下りてきてしまいますので、

インパクトが詰まってしまいます。

インパクトが詰まってしまいますので、当然肘をぬいたり、引いたりする動作がフォローで入ってしまいます。

または、腰を引いたり、伸び上がったりという動きが入ってしまいます。

こうしないことにはクラブがボールに当たってくれないからです。

では、どうしたらいいのか?

「クラブを上げて下ろす」というのではなくて

「クラブは上がって下りる」というのが正解です。

自分で積極的にクラブを上げて下ろすのではなくて、

クラブは勝手に上がって下りるということです。

詳しく説明しますと、

ゴルフスイングというのはボールが下にあって体が前傾しています。

前傾しているわけですので、そのまま腕を使わずに体をターンさせていくと

腕とクラブは勝手に前傾に沿って上がっていきます。

そして、そのまま下半身からダウンスイングしていくと

そのまま回転を戻してくるだけですので、勝手にクラブはスクエアに戻ってきてくれます。

なので、クラブは決して腕で上げて下ろすという意識は必要ないわけです。

勝手に上がって勝手に下りるという感覚が正解です。

クラブが勝手に上がって下りる感覚を掴むために

通常通りに構えて前傾を起こして目線の高さでクラブを振ってみましょう。

そして、このままじょじょに前傾を深くしていきます。

だんだんクラブを下に降ろしていって、最後はボールの位置にクラブを下して同じように振っていきます。

こういうことをすることによって、クラブを腕を使って上げて下ろすという感覚がなく

体のターンによって勝手にクラブが上がって下りてという感覚がつかめてきます。

あなたが腕でクラブを上げて下ろしている場合は

それは間違った感覚ですので修正しましょう。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて

当たり前に80台、70台を出していきたいという場合は、

その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

スポンサードリンク