ゴルフスイングは横振り、力感ポイントは9時以降

スポンサードリンク
daun

ゴルフ侍トシです。

今日も福岡の自宅からです。

 

ゴルフスイングというのは縦振りなのか?

それとも横振りなのか?

あなたはどう思いますか?

 

 

ほとんどの人が縦振りたど思うでしょう。

僕はあなたが考えている以上に横振りだと思います。

 

 

実際は縦でも横でもなくてクラブのライ角なりのスイングプレーンに沿った動きが正しいわけですが

ほとんどのというか多くの人がタテに振りすぎているというのがあります。

 

 

試しに上体を前傾することなく、まっすぐに立って、

手元とヘッドが胸の前にあるアドレスから体を左右に回して

クラブを水平に素振りしてみるとどうですか?

 

 

そして、その動きを今度は前傾させていきます。

 

本来これがスイングプレーンに沿った正しいクラブの動きに近いわけです。

 

 

この動きを多くの人が試しにやってみると、

横振りだと感じる人がほとんどです。

普段これよりも縦に振っているいという人はスイング中に手を使いすぎています。

 

 

つまりクラブを上下に振り回していると言ことが言えます。

つまりこれでは手打ちになるということが言えます。

 

 

なので、正しいスイングはもっと横振りなんだという感覚がないといけません。

僕がスイングの中でもっとも大事にしているポイントのひとつに

力感があります。

 

 

スイング中のどのタイミングでどこにどのように力を入れていくのか?

 

 

よくありがちなレッスンではダウンスイング腕を真下に引き下ろすとか、グリップエンドがボールを指すように下すとか、

こういった無駄な意識や動きを取り入れようとする人がいますが、これではスイングが余計わからなくなってしまいます。

 

 

また、こういった表現があるので縦振りのイメージや意識が働きやすくなります。

 

 

正しい力感の入れどころというのは、スイングを時計の文字盤にたとえるならダウンスイングの9時よりも下、できれば8時くらいまでクラブが下りてくるのを我慢してここからはじめて力感を入れていきます。

 

 

そして、徐々にヘッドを加速させていき、最下点をすぎたら5時くらいのところでヘッドスピードが最速になるようなイメージです。

 

 

切り返しはできるだけ静かに行う事です。

 

むしろシャフトをしならせるぐらいの感覚があるといいですね。

 

 

力感を入れるときに使うのは腹筋です。

 

 

腹筋に圧をかけてお腹全体を回すようなイメージで体の回転を加速させるのです。

 

手先の力に頼ったら知機関が早く入りやすくなってしまいますからね。

 

そしてスムーズな加速ができませんし、そのパワー自体も体幹が生み出すそれには及びません。

 

そして、スピードを生むのは回転ですね。

 

 

体重移動なんて意識することなく、その場でクルリと回るような感覚でスイングしてみるといいです。

 

使い古された表現ではありますが、デンデン太鼓のように回転する体に手があとからついてくるようなイメージです。

 

 

デンデン太鼓でもヒモの部分、つまりスイングでいうと腕とクラブが極端に遅れてきますが、実際のスイングでは腕を正しいポジションイン保ち、クラブの重さを生かすことで振り遅れずに球をとらえることができます。

 

 

多くのプロが飛ばしに体幹を鍛えることが重要だというのも、この回転の原動力となるお腹の回転速度を上げるためなんです。

 

 

さて、今回の内容はどうでしたか?

スイングの力感についての事をお伝えしてきましたが、

あなたが手打ちになっている場合は参考にしていただけたらと思います。

 

 

最後に、ゴルフを短期間で一気に上達させて

当たり前に80台、70台を出していける再現性の高い正しいスイングの作り方はメルマガ限定でお伝えしています。

僕がゴルフを始めて半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分をお伝えしています。

お楽しみに^^

【無料メルマガ】ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

スポンサードリンク