ゴルフスイング上半身の正しい動かし方

スポンサードリンク
you

こんばんは。

 

ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

ゴルフスイングで正しい上半身の動きというテーマで今回はお伝えしていこうと思います。

まず、上半身というのはどのように動いていくのか?

そして、上半身と下半身で捻転差を十分に得られる形というのはどういったことなのか?

手だけでクラブを上げてしまい体を捻じれていないという場合は参考にしていただけたらと思います。

 

上半身のボディーのローテーション

まずは体のどこがどれぐらい回転していくのか?ということを覚えていただこうと思います。

バックスイングで骨盤というのは45度回転していきます。

だいたいほとんどの人の柔軟性ですと、45度前後で納まります。

そこから腰椎、胸椎というのが捻じれていきます。

 

腰椎が10~15度。

胸椎が30度捻じれる関節と言われています。

なので、骨盤の45度、腰椎の10度、胸椎の30度を足すと85度になります。

そして、実際にはバックスイングで遠心力により腰45度、肩90度という関係が成り立って最大限の捻転差が生まれることになります。

 

なので、バックスイングで「腕をここからどうしよう?」とか「どうやって上げていこう?」などと考えることなく、バックスイングは腰を入れていきその反動でしっかり体が捻じれていくことでクラブは自然とトップオブスイングまで上がっていくことになります。

 

しかし、ほとんどの人がバックスイングで手を先に動かしてクラブを上げていこうとするため、なかなか下半身からの先導で自然とクラブが体に巻き付いて上がっていくという感覚が分かりません。

 

そこで、バックスイングで腰を動かしてクラブが体に巻き付いていくという感覚を得るには、ミゾオチに意識を向けるのもありです。

 

ミゾオチを単純に右へ90度回す。

この動きを意識するだけでも勝手に下半身が先行して動いてくれるようになります。

ミゾオチをイメージすることによって結果的に下半身先導のスイングが体幹しやすくなります。

 

ですので、下半身先導で捻転差を作りクラブが体に巻き付いていく感覚でバックスイングを作りたいのであれば、ミゾオチを意識して動くとうまくバックスイングで体を捻じりあげる感覚を掴みやすくなります。

本日のまとめ

(1)、バックスイングで肩を回そうとしてうまくいかない人は上体が起き上がったり、逆に突っ込んだりしやすくなります。

(2)、腕を動かさずにミゾオチを右へ90度回転させるイメージだけで自然と正しいバックスイングができるようになる

バックスイングで体を正しく捻転させて、下半身先導のクラブが体に巻き付くようなバックスイングを作りたいという場合は参考にしてみてください。

バックスイングで大事なことは上半身と下半身の捻転差を作ることです。

捻転差を作ることによりインサイドから正しくダウンスイングを行う準備が整います。

 

あなたがアウトサイドイン軌道のスイングになっているという場合など、捻転差のあるバックスイングができているかという確認の意味でもチェックしてみてくださいね。

 

あなたが、短期間で一気にゴルフを上達させたいという場合、

僕がゴルフをはじめて半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分をメルマガ限定でお伝えしていますので、この機会にお楽しみください。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

スポンサードリンク