ゴルフ腕のローテーションなんて意識しなくても勝手にできる方法

スポンサードリンク

こんばんは。

ゴルフ侍トシです。

今日もよろしくお願いします。

あなたにゴルフスイングの
基本を身に着けていただくために、
今日も大事なことをお伝えしていきます。

 

正しい腕のローテーションによってゴルフが上達する

 

ゴルフスイングで重要な部分として、
多くのアマチュアゴルファーができていない動きがあります。

ゴルフスイングは上半身と下半身を
うまく動かすことができて
正しいスイングになるということなんですが、

まず多くの人ができていない部分として
腕のローテーションというものがあります。

腕のローテーションという言葉を
あなたも聞いたことあるかもしれません。

幼いころからゴルフをしてきている
プロゴルファーはよくこういう表現をされます。

「ゴルフスイングは下半身から切り返す」

「ゴルフスイングは腰の回転で打つ」

「手は何も意識することなく下半身で打つ」

よくこのようにプロゴルファーは
本や雑誌で言われていることが多いです。

プロゴルファーの場合、
幼いころからクラブを振ってきて
感覚でスイングを作ってきている人が多く、
本人は何も考えていなくても
腕のローテーションがきちんとできています。

でも、大人になってからゴルフを始めた
アマチュアゴルファーのほとんどは、
これを真に受けて、正しい腕のローテーションを
知らずに練習している人が多いです。

あなたは以下のような意識で練習していませんか?

「そうか、ゴルフは腰の回転なんだ」

「よし!下半身主導でスイングしよう!」

「分かった!上半身は意識せずに下半身が大事なんだ」

このように思って、
一生懸命ボディーターンで
スイングするという意識を持ち
練習をしている人が多いです。

あなたも、
ボディーターンだ!ボディーターンだ!
という意識で練習したことはないですか?

たしかにボディーターンを意識して
下半身から切り返すという意味では
間違いではないのですが、

そこに正しい腕のローテーションができているのかどうか?
というのが一つ大事になるポイントです。

アマチュアの方の多くが
スイング中の腕の旋回ができていない場合が多いです。

右打ちの場合、ほとんどの人が右利きなので、
スイング中に左腕の旋回が止まってしまう
という人が多いです。

そうなると右手(手首)を使いやすくなり
「すくい打ち」になって
左ひじの引けたフォローになってしまったり、
結果的にインパクトエリアがせまくなったりします。

では、どうするのか?

それは左手はスイング中に
捻じる動きを入れることが大切です。

これが正しい腕のローテーションに繋がります。

インパクトで間違った
左腕の使い方をしている人は
以下のようになります。
↓↓↓
ristodame

この写真のように
左手首がインパクトで甲側に折れてしまいます。

こうなるとフォローで
しゃくるような動きになってしまいますので、
左ひじの引けた小さなフォローになってしまいます。

 

腕のローテーションが正しくできていれば
ハンドファーストの形で
インパクトを迎えることができますので、

左手首というのは甲側ではなく、
どちらかと言うと手のひら側に折れる
イメージの方が正しい動きになります。

あなたが正しい腕のローテーションが
できているならいいですが、

腕の正しいローテーションができていないと
スイングにいろいろな問題が発生します。

 

腕というのはスイング中に
旋回していくものだということを
知っておいてくださいね。

 

先ほどご紹介した写真のように
多くの方が左腕の旋回がスイング中に止まってしまい、
その結果インパクトで
左手首が甲側に折れてしまっています。

 

いわゆるしゃくる動きです。

他の言い方で表現すると
「すくい打ち」の形ですね。

このすくい打ちになってしまうと、
アイアンではダフリが出やすくなりますし、
トップボールも出やすくなります。

そして、クラブフェースがロフト角通りに
インパクトできないので
打ちだし角度の高いポワーンとした、
弱々しい球筋になってしまいます。

 

今までスイング中の腕のローテーションを
意識したことがないという場合は、
間違った左手首の使い方になっていないかを
確認してみてくださいね。

 

このように左手首が甲側に折れてしまうというのは、

ダウンスイングから右ひじが伸び、
右ひじが伸びることで
右手首もそれに連動して勝手に伸ばされるために
左手首が甲側に折らされてしまって
インパクトで「しゃくる」「すくう」動きに
なってしまうのです。

右ひじというのは
インパクトで曲がっていなければいけません。

 

右ひじがインパクトで伸びてしまったら、
前傾姿勢が起こされます。

 

そして手元(グリップ)の位置が
体から離れてインパクトしてしまいます。

アドレスの構えた手元(グリップ)位置の近くを
インパクトでも手元(グリップ)が通過することで
スイングの再現性が高まり
(方向性や飛距離がアップ)するのですが、

インパクトで右ひじが伸びてしまったら
先ほどお伝えいたしましたように
左手首が甲側に折れて「すくい打ち」の動きになったり、
他にも色々なミスショットを多発します。

 

正しくハンドファーストの形を作るために、
左手首は甲側に折れないこと。

そして、右ひじはインパクトで曲がっていること。

この2点をまずは知っておいてくださいね。

 

正しい腕のローテーションを確認する上でも
この練習方法を実践してみましょう。
↓↓↓

 

 

できている場合は球をクリーンに真っすぐ飛ばすことができますよ^^

今回の内容は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ps

僕がゴルフをはじめて
苦労したことは、
ほとんどの人が同じように、

前傾角度をスイング中にキープできない

ということでした。

前傾角度のキープは
再現性の高いスイングをするために最も重要なポイントです。

しかし、右肘が伸びてしまうと前傾角度はキープできません。

前傾角度のキープができれば
アドレスの構えたグリップの近くを
インパクトで通過させることができます。

すると、自ずとミート率が上がります。

しかし、これは意識してもできません。

意識せずともできるようになる
正しいスイングを作っていく手順を
メルマガで伝授しますのでお楽しみに^^

【無料メルマガ】ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

 

スポンサードリンク