スイング中下半身は静かに使うことで回転力が増し軸が安定する

スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。

スイング中のフットワークについてですが、

よく下半身を積極的に動かしましょうと聞くと、

左足を踏み込んだりとかいろいろと下半身を意識する人が出てきます。

 

でも、スイング中のフットワークはあまり積極的に行わなくていいです。

 

 

よく切り返しから左へしっかり踏み込んでとか、

大きな体重移動でパワーを出していくとか、

こういった考えかたが主流となっていましたが

こういった動きは大きなエネルギーを生み出す反面

スイングが暴れる原因になってしまいます。

 

 

なので、クラブの力を最大限に引き出してスイングするためにはメリットよりもデメリットの方が大きくなりつつあるという事です。

 

 

これは例えば「その場で回転する」というイメージとつながる部分でもありますね。

 

 

もちろん下半身をまったく使わないというわけではなくて、

感覚としては静かに使うということです。

 

 

静かに使うの方がイメージや意識としては合っています。

 

実際にはテークバックで体重は右に移りますし、またインパクトの時は左に多くの荷重がかかります。

 

 

そして、フィニッシュにいたってはほぼ100%左に乗っているわけですので、体重移動はたしかに行われていますが、その動きを自分で意識して行う必要はないという事です。

 

意識して行うことになるとスイングが暴れ始めます。

 

 

再現性の低いスイングになってしまいます。

 

 

よって、ミート率の低迷、飛距離不足に陥ってしまいます。

 

 

フットワークで重要な部分としては、まずはテークバックで体が右へ流れないようにすることですね。

 

左右に体重移動をする意識が強い場合は、テークバックで体が右へ流れてスエーの原因になってしまいます。

 

こうなるとその場でスムーズな回転はできません。

 

 

ドライバーで言うならアドレスで少し右に多めにかけていた体重配分を変えずにむしろ上げるイメージでいいかもしれません。

ショートアイアンでは少し左に多めに荷重しておきますが、

それを少しだけですが右へ移して、

5対5にするぐらいの感覚でいいです。

 

 

ダウンスイングで左へ体重が移動していきますが、

 

 

できるだけ静かに行うイメージがあるといいですね。

切り返しで左足を強く踏み込んだり、または右足をける感覚が強くなるとスイング軸が左へ傾きやすくなってしまいます。

 

 

またスイングじっくが左へ大きく動きやすくなってしまうので、回転力を損なってしまうんですね。

 

 

切り返しできちんと左右に前上から乗れていれば、いわゆる左の壁というのは勝手に生まれるようになっています。なので左へスエーすることはないのです。

 

 

下半身というのはスイングのエンジンではなくて、スイングの土台を作るためのお腹の力を最大限に使う土台の役割を担っていると言ことが言えます。

 

それではまとめると、
・スイング中の下半身のフットワークは静かに使うこと
・左足を踏み込むや切り返しの右足の蹴りなどを強く意識する必要はない
・正しい体の回転を生み出すために、トップでは右足に真上から乗りダウンスイング以降では左足に上から乗る感覚

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて

当たり前にスコアー80台、70台を出していきたいというのであれば

再現性の高い正しいスイングを作れる詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

【無料メルマガ】ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

スポンサードリンク