バランスよくかっこいいフィニッシュを作る方法

スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。

フィニッシュについてですが、

スイングでフィニッシュを考えたことがないというゴルファーは少ないと思います。

 

 

自分のスイングのフィニッシュがどうなっているのか?

 

恰好よく決まっているのか?

 

やっぱり気にしてしまいますよね。

 

「フィニッシュはゴルフスイングにおいてとても重要なポジションである」

と言ったのはゴルフの帝王ジャックニクラウスです。

 

 

フィニッシュを軽視している人は多いですが、

フィニッシュというのは良いスイングができたかどうかの指針になります。

 

 

つまりバロメーターになるということですね。

 

 

スイングが良い人は例外なくバランスが良いフィニッシュをむかえています。

 

ナイスショット出来たときというのは自然とフィニッシュはいい位置におさまってくれます。

 

でも、ほとんどの人は最後まで振り切れなかったり

バランスを崩してふらついたりそういったフィニッシュになってしまっています。

 

 

スイングの中間点であるダウンスイング以降というのは一瞬の出来事ですし、

スピードが付いている部分ですので、なかなか細かいポジションを意識することは難しいです。

 

でもフィニッシュというのは静止した静の部分になりますので、

スイング中に比べたら意識しやすいです。

 

 

まずはフィニッシュの形から逆算してスイングを作っていくというのもありですね。

スイングのゴール地点になるフィニッシュの形が良くなれば、

当然その過程になるスイングも良くなっていきます。

 

 

フィニッシュで大事な事というのは最後までしっかり振り切るという事。

最後までしっかりよどみなく振りきることができると、

バランスよく立って最後までボールを追うことができます。

 

 

そして、腰が目標に正対するまで回します。

 

また、左足にしっかりと体重を乗せ切ります。

綺麗なフィニッシュをの形を意識してそこに向かって一気に振り切る。

 

最後にボールが落ちるまでを見送るぐらいにバランスよく立ちたいですね。

■良いフィニッシュは良いアドレスから生まれる

スイングのゴール地点がフィニッシュならスタート地点はアドレスになります。

先ほどフィニッシュが良くなればその過程であるスイングもよくなるとお伝えしましたがいいフィニッシュをつくるためにはいいアドレスが不可欠です。

 

 

始動してから振り終わるまでに数秒かからないゴルフスイングというのは、いわば短距離走みたいなものです。

スタート地点がゴールと違う方向を向いていたら良い記録なんかでるわけがないですよね。

 

アドレスはこれから行うスイングの準備になります。

構えが歪んでいたらそこから始まるスイングの軌道も当然歪んでしまいますからね。

 

そして、正しいフィニッシュに収めるのが困難になります。

アドレスで肩が開いていたらスイング軌道はカット軌道になって、フィニッシュは低い位置にきてしまいます。

 

右に傾いたアドレスならスイングは自然とアッパーになり、フィニッシュも収まらなくなります。

 

あなたもスイングの中で静止しているアドレスとフィニッシュにもっと注意を向けることが良いスイングを作っていくことにつながりますよ。

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて

当たり前にスコアー80台、70台を出していきたいというのであれば

再現性の高い正しいスイングを作れる詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

【無料メルマガ】ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

スポンサードリンク