体打ちのテークバックで意識するのは【みぞおち】だけ

スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。

では、今回も再現性の高い正しい体打ちスイングを習得するための

必要なポイントをお伝えしていきますね。

では、今回のポイントは【テークバックを無意識にあげよう】です。

ゴルフスイングを作っていくうえでテークバックというのはとても難しいものとされていますね。

あなたも雑誌や本を見て勉強されたことがあるという場合は

テークバックの重要性というのを十分に分かっていると思います。

たしかにテークバックというのは運動量がゼロの状態から

スイングを始動していくことになりますので、自分のきっかけで動かないといけないというのがあります。

また自分のきっかけで動けるという事は、テークバックをインサイドかアウトサイドか軌道がバラバラになりやすいというのがあります。

「こっちかな?」

「もっとこっちかな?」

「もっとまっすぐかな?」

「もっとインサイドかな?」

このように自分でどこにテークバックを上げていくかを決めることができるわけです。

こうやって考えさせることができるので結果的に意識を多く持たないといけないと思ってしまいがちになります。

こうなっていくとテークバックもそうですが、ゴルフスイングを自分で難しくしていってしまいます。

逆に体打ちの場合はそんなことは全く考える必要がないんですね。

これが体打ちが手打ちよりも圧倒的に優れている点でもあります。

では、体打ちの正しいバックスイングを習得するために何を意識したらいいのか?

まずは「みぞおち」です。

このみぞおちをバックスイングで右へ向けるだけでOKです。

テークバックでみぞおちを90度右へ向けるということです。

上半身はたったこれだけのイメージでOKです。

そして下半身は骨盤を横にスライドする動きから前傾を入れていくことで正しい骨盤の動きができるようになります。

前傾を入れていくことによって(スライド⇒旋回)に変わります。

そして感覚としてはテークバックはみぞおちを右へ向ける動きと骨盤を右へスライドさせる動きを同時に行う感覚でテークバックすることによって

正しいトップへと上がっていきます。

この上半身と下半身の2つの動きができるようになったら何も意識する必要はなくなります。

あなたが体打ちのテークバックを身に着けたいというのであれば

参考にしていただけたらと思いますね。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させて

周りのゴルファーをスコアーで圧倒したいという場合

その詳しい内容はメルマガ限定でお伝えしています。

80台、70台を当たり前に出していけるスイングを作るキモを伝授しますよ^^

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

なんだかんだで結局手打ちよりも体打ちの方が圧倒的に再現性が高いスイングですからね。
これができないことにはゴルフは良くなりませんし、当たり前に80台、70台を出していくことはできません。
手打ちには限界がありますので、いくら練習しても上手くならない頭打ちというのが手打ちです。

スポンサードリンク