腕振りスイングによるインパクトでフェースが開くのを直す方法

スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今日は福岡は晴れですね。

多くのアマチュアゴルファーの人は

スイングを身に着けていこうとするときにテレビでプロのスイングを真似してみたり、

雑誌に載っている連続写真とかを見てそれを参考にしてスイングと作っていく人は多いですが、

これを続けていると間違ってしまいます。

ゴルフスイングが腕を使ってクラブを振っているように見えるから、

これをそのままのイメージで頭の中に取り込んでしまったら

ゴルフが上達していきません。

腕を主体にしてクラブを上げていって、腕を主体にしてダウンスイングでもクラブを振り下ろしてくると

クラブがインパクトでスクエアに戻ってくれません。

じゃあスクエアに戻すためには手を返せばいいのでは?と思うかもしれませんが、

開いたフェースを真っすぐに戻そうとするとグリップが逆走します。

手元が逆走するぐらいの動きをしないことにはフェースはスクエアに戻ってくれません。

実際に手を使ってスローでクラブを振り下ろして来たらわかるのでやってみてください。

多くの人がトップからボール方向へある程度の力をかけて

クラブを腕で振り下ろしてきます。

でも腕で振り下ろしてくると必ずフェースは開いて戻ってきます。

なので、瞬時に手元をこねてフェースをスクエアに戻そうとする動きをしてしまいます。

でも、ダウンスイングの一瞬の動きの中でこのような手元をこねて

フェースをスクエアに戻そうとする動きは非常にリスキーです。

自分なりには手をパーンと返しているつもりでも

インパクトで全くクラブはスクエアにかえってきてくれないので

右へ飛んでしまうスライスが出てしまうわけです。

「あーあ、振り遅れた・・・」

こう思って、ほとんどの人がもっともっとクラブを早く返さないといけないと思ってしまいます。

そして、腕をもっともっと振るようになります。

こうなるともっとクラブがスクエアに戻ってくれなくなるので

右へ右へとプッシュアウトしていきます。

そして、結果的にスライスが止まらなくなってしまいます。

もしくは空振りやトップが出てしまいます。

なので、どんどん手打ちになってしまってミスが止まらなくなってしまいます。

なので、まずは実際の正しいスイングの感覚というものを

体感してみることが大事です。

まずは構えて体の正面でグリップは固定です。

そこからバックスイングで胸を右へ向ける。

もしくはみぞおちを90度右へ向ける。

そこから、今度は球を打って胸を飛球方向へ向けていく。

このように腕は体の前に固定して体の回転だけで打つ練習をしてみます。

このように胴体が右、左と回転していく中にただ腕とクラブがあるという感覚。

このイメージを実際のスイングの中に持っておくと

球は真っすぐ遠くへと飛んで行ってくれるようになります。

まずは腕を振ることなく、胸を右、左と向けるだけで

球を打っていく練習をしてみてください。

この時に、はじめは腰から腰ぐらいの高さの小さいスイングでけっこうです。

これだけでも一般の体力がある男性なら200ヤードは飛んで行ってくれます。

再現性の高い正しいスイングを作っていくためには

腕の振りではなくて、まずは体のターンでスイングしていくという事を覚えることが大事です。

これが初心者ゴルファーから一歩抜け出るために必要な感覚になります。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて

当たり前に80台、70台を出していくことができる詳しい内容はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

スポンサードリンク