ヘッドアップの防止術(頭を残すことを体で覚える)

スポンサードリンク
09beb207acd97cf26cb73eba0fcd1006_s

どうも、ゴルフ侍トシです。

よくヘッドアップするという人がいますので、今回は、【ヘッドアップをしないためのコツ】についてお伝えしていきます。

頭が早く上がってヘッドアップしてしまったらミスヒットする可能性が高くなります。

そして、頭が早く上がるということは前傾が崩れることにもなりますので、こらがボールが飛ばない原因になります。

ボールが飛ばないとか、ミスヒットが多い人というのはヘッドアップが原因となっている場合もあるので「ああ、オレそうかも・・・」という場合は確認してみてください。

素振りを繰り返して頭を残すことを体で覚える

ボールを打つと打球の方向が気になってしまいます。

なので、ヘッドアップの癖を直すためにはシャドースイングによる練習がおすすめですね。

ドライバーを握ったらフォローで手が左耳のヨコにくるまで顔を下に向けたままスイングしてみましょう。

ヘッドがカラダの前を通過してフォローで手首が返るまで、頭を上げずにじっとガマンすることが大切ですね。

スイング中は力を抜いてヘッドの重さを感じながらスイングすることが大切です。

この感覚を繰り返しながら行うことでヘッドアップするという事はなくなってくると思います。

はじめは違和感があるかもしれませんが、このようにスイング中に頭を残すという事を意識することによって体がこの感覚を体感することができますので、ヘッドアップせずに飛距離アップやミスヒットを防止することにつながります。

インパクトでボールよりも後方に頭がある形(ビ・ハインドザボール)を作れるようになるとスイングが安定してきます。

 

そして、このビ・ハインド・ザ・ボールの形は飛ばすためには必須条件と言っても過言ではないと思います。

この形を作れずに、ほとんどの人は頭が動いて飛球方向へ突っ込んでいく人が多いのでここを注意してください。

僕も昔は頭が飛球方向へ突っ込んでいくスエーという悪い動きがありました。

こうなるとヘッドを加速させるのに無駄な力を使ってしまうので効率が悪くなります。

頭が突っ込んでいってしまったら手打ちになる可能性が高いですからね。

ですので、このように頭をしっかり残すことを考えてやはり「ビ・ハインドザ・ボール」を意識して素振りを行う練習をやってみることをおすすめします。

手が耳の横にくるまで顔を上げない

「手が耳の横にくるまで顔を上げない」ぐらいの意識で素振りするぐらいでちょうどいいでしょう。

ヘッドアップするという方にとってははじめはこのように頭を残すことはかなり違和感を感じるかもしれませんが、これは繰り返し行うことによって違和感はなくなってきますよ。

最後にあなたがゴルフを短期間で一気に上達させたいのであれば、その方法をメルマガ限定で公開しています。僕がゴルフを始めて半年でスコア82を出したスイングのキモの部分をお伝えしていますのでお楽しみください。メルマガは無料です。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

スポンサードリンク