トップから左足を踏む込んでの体重移動はスイングを難しくする

スポンサードリンク
innpakuto5

 

どうもゴルフ侍トシです。

ダウンスイングは縦振りです。

ゴルフクラブは上から下に振り下ろすものです。

振り下ろすからと言っても地面に向かってたたきつけるという意味ではないです。

 

また、下から上にボールを上げようと思って振るものではないです。

ダウンスイングを縦振りだからってクラブを立てるように下すのはNG

ダウンスイングは縦振りと聞いて「そんなことわかっているよ」と思われるかもしれません。

 

でも、トップまでの形は合格点でプロのような形であってもそれからのダウンスイングで合格点に達する人というのは少ないですね。

 

聞くところによると1割程度しかいないそうです。

どんだけ少ないんだよ(゚д゚)!って感じですよね。

 

ダウンスイングでクラブを立てて下しなさいという事を聞かされてきました。

でもクラブを立てるようにして下ろそうとすると、アウトサイドから下りてしまいます。

 

また、よく聞くことですが、左サイドの踏み込が必要とかですね。

でも、ダウンスイングでの踏み込にはマイナス要因があっても、プラス要因はないと思います。

 

アドレスからトップまでに体重(重心)は大きく右に移動します。

(体重移動という言葉自体スエーを引き起こすことになるので僕は好きではないのですが)

 

それからダウンスイングに入っていきますがダウンスイングでは左足を踏み込み体重を移動していくということを聞きました。

 

このように考えている方は多いでしょう。

 

でも、この左足に体重移動して踏み込むことを意識するのはよくありません。

 

これを意識することで頭の位置が左に流れてしまいます。

体重移動は意識するものではなくて勝手に起こるもの

そして、左へ突っ込んだ形になりクラブをインサイドから下すことが出来なくなるのです。

アウトサイドからのヘッド軌道になってしまいますし、逆に体重移動が速すぎると今度はクラブが遅れてくるのでインパクトで腕が詰まってしまい、振りぬきが悪くなるのです。

 

ボールが飛ばないだけでなく、方向性も安定しません。

右に飛んだかと思ったら今度は左に飛ぶという状態になってしまいます。

そして、これでは腰が正しく回転してくれません。

僕は左へ踏み込むことを意識して、昔は練習していましたが、どんどん軸が左へスエーしているだけで、何も良いことはありませんでした。

自分では左へ突っ込んでいっている感じはしないのですが、動画を撮ると軸が左へ突っ込んでしまっていました。

左足で踏み込むなどのイメージは僕には悪い動きになってしまっていました。

当初は、左側へ突っ込んでしまう原因がバックスイングの捻転が浅いからだと思っていたのですが、トップから切り返しで左足の踏み込を辞めるとこの問題を解消できました。

 

体重移動が必要と思うのではなく、逆にいらないと考える

インパクトでは右足体重。

体重移動は打った後ぐらいでの意識で丁度いいと思います。

 

インパクトでボールに最大限の力を加えるために左足を踏み込むという事をしていましたが、その結果体重が左に流れてしまって結果的に力をボールに伝えることが出来ていませんでした。

 

そして、腰も正しく回転してくれていませんでした。

その結果、手打ちになっていました。

具体的に腰の回転が止まって、インパクトしていましたので、通常はインパクトで腰は45度ほど開かれるのですが、僕の場合は腰の回転が止まってしまうので、インパクトで腰が開けない状態でした。

その結果、腕振りのスイングになってリリースが早くなり、前傾が起こされてしまっていました。

体重が左足に早く移動してしまってクラブヘッドの抜けが悪い。

抜けが悪くなるとヘッドは当然走らなくなります。

 

でも、僕は野球のバッティングの名残があるのかついつい左足を踏み込んで行ってしまう癖がありました。

 

左足を強く踏み込んでしまう癖があったのです。

そこで、トップに入ったら右に体重(重心)を乗せたまま右ひざの上で回転するようにスイングしてみました。

 

または、右腰をボールにぶつけるつもりでスイングするようにしました。

 

体重移動の感覚は一切持たずに右腰をボールにぶつけるつもりでスイングする。

 

こうすることで振りぬきが良くなり気持ち良い感触でボールが飛び出していくようになった。

ボールを飛ばしたいと意識してしまうと、左足に体重移動をしてしまう癖が顔を出します。

 

これは僕の場合ですが、多くのアマチュアの人が体重移動を気にしてスイングすると単にスエーしているということがよくあります。

 

ボールを打ちぬくには頭を後方に残して打つ

現代のゴルフクラブは飛ばせるクラブが主流になっています。

道具の進化によってアマの人でも飛距離をそれほど求めずに方向性を意識する方が多い気がします。

 

クラブの進化から考えても、トップの位置から左足を強く踏み込んで体重移動させながらボールを強く叩いていく打ち方は必要ないように思えます。

 

体重移動など考えずにトップから右腰をボールにぶつけるような感覚でボールの後方に顔を残して振りきれるようにすればコンパクトな動きによりクラブを強く振りぬくことが出来て方向性も安定します。

実際にやってみると分かりますが、イチロー選手ではなく松井選手です(笑)感覚ですが(笑)

そしてこれからは、道具の力を生かすスイング作りをしたほうがいいと思います。

だからと言って腕だけでクラブを振るのはNGです。

腕だけで振りに行くと下から上へのすくい打ちになってしまいますからね。

 

トップの位置からは右腰をボールにぶつけるように切り返してくることです。

そうすることにより、捻転差が生まれて、インパクト付近では、よりクラブが振られる勢いにつられてインパクト以降体重を勝手に左足に乗せることが出来るようになります。

このスイングが明確にみられるベタ足スイングの代表的な選手がパクインビ選手。

 

まとめますと、

  • 体重移動を考えると上体が左に流れやすくなる
  • 道具が飛ばしてくれるぐらいの気持ちでスイングしたほうが良い結果が望める
  • ボールの後方に頭を残したままインパクトするためにトップから右腰で打つイメージで体をターンさせると腰が正しく回転してくれやすくなる

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

『無料メルマガ』ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

スポンサードリンク