トップで左肩がアゴの下に入ると軸が安定して捻転の深い正しいスイングになる

スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

今回もあなたのゴルフが上達するための有益な情報を配信したいと思います。

というわけで、今回のテーマは【バックスイングで左肩はアゴの下へ入れる】です。

バックスイングで左肩がどこにあって、トップでどうなっているのか?

これってとても大事だと思います。

左肩がアゴ下に入ってこないと捻転不足

バックスイングをして左肩がアゴの下に入ってこない人っていますが、

これではどうしてもダウンスイングがアウトサイドから下りてきやすくなります。

 

また、左肩はトップでアゴの下にないとオーバースイングにもなりやすくて、軸がブレるということにもつながります。

それぐらい左肩の動きって大事なんです。

左肩がアゴの下に入ってこないとなるとトップで重心位置がボール方向へ出される人もいます。

左肩というのはバランスよくスイングするうえでも大事な役割を担っている部分なんです。

 

そんな左肩を実際にトップでアゴの下に入れるという感覚が分からないという場合は

以下の動画を参考にしてみてください。

体が硬くなってきて左肩がトップでアゴの下に入らないという方にとってもしっかりと捻転ができるトップを作るために大事なことを解説されています。

 

動画で解説されているように坂本プロの左肩はきっちりトップでアゴの下に入っているのが分かると思います。

アゴを下げてアドレスしているとこれができません。

 

アゴを上げることによって首元にスペースができますので、そこに左肩が「パコっ!」っと入ってくるイメージがあるといいですね。

 

アゴの上から左肩がおおいかぶせるようなトップになると深く肩が入ったことにはなりませんので、これでは捻転不足になります。

捻転不足だと、まず飛距離が出ません。

そして、ダウンスイングで手元を使って下してきやすくなるので手打ちになりやすいです。

 

どうしてもアゴ下に左肩が入ってくる感覚が分からないのであれば、バックスイングからトップにかけてアゴを少し上にあげてみてください。

そうすると左肩がアゴの下に入りやすくなるのが分かると思います。

この感じがつかめたらバックスイングやトップの形に迷いがなくなってきますし、オーバースイングも自然に直ってきます。

左肩が正しく動けばスイングは8割できたも同然

左肩というのはダウンスイングではスイングをリードしていきます。

トップでアゴ下に入った左肩。

今度はダウンスイングで、まずはじめに始動します。

この左肩の始動につられて、右肩→腕→クラブ。という順番に動いていきます。

左肩がしっかりとトップでアゴ下に入ってないとこの動きが狂いやすくなります。

捻転不足なために、腕からダウンスイングを始動させやすくなる。

これではいけません。

ダウンスイングでは下半身リードで腰から切り返すということはよく言われていることですが、

ダウンスイングで左肩から始動するというのも同じ意味だと思ってください。

左肩が動いたら腰も勝手に動きますから。

要はどこを意識したら自分がダウンスイングで動きやすいか?ということだけです。

スイングは下半身始動とか言いますが、僕としてはこの意識は自分には合わない。というのがあります。

意識して下半身始動をするとおかしくなります。

自然と下半身始動になっているのでこういう場合、変に意識すると逆に振り遅れのオンパレードになってしまったりするわけです。

でも、左肩というのは誰でも意識を向けていいと思うんです。

バックスイングからトップで左肩がアゴ下に入ってくることができれば、スイング軸もブレなくなってきますし、再現性の高いスイングに近づけます。

この動きだけでもスイングが良くなるエッセンスが詰まっているということです。

今回の内容は以上になります。

 

最後にあなたがゴルフを短期間で一気に上達させたいというのであればその方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフ上達法を配信してますのでご期待ください。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

スポンサードリンク