ぶっ飛びドライバーなら思い切り振りぬく(力を抜いて)

スポンサードリンク
migi

ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

夜もかなりふけってしまっていますが、久しぶりに更新します。

今回は【力を抜いた切り返しからフォローで飛距離アップ】についてです。

ふりぬく意識で打ち急ぎを防止

飛ばしてやろうと思ったら

 

インパクトででのタイミングがずれやすくなってしまいます。

それを防ぐためには切り返しからフォローまでを思い切って振りぬくことが大切なんです。

そして、とにかく打ち急がないことを意識すること。

打ち急いでしまったら、

切り返しからダウンスイングで腕だけを早く振り下ろしてしまいがちになります。
そうすると腕が先行したインパクトになってひっかけが出てしまいます。
振りぬきは気持ちも大切。

振りぬこうと思って振ることによって、そのとおりになります。
練習のときからそういった気持ちを持ってスイングしてみるといいですね。

再現性の高いスイングができたらマンぶりを繰り返してもOKです。

細かいことを考えるよりも飛ばしたいという場合は、
マン振りしちゃいましょう。
もちろん再現性の高い正しいスイングができてる上での話です。

腕を早くおろす意識は良くないです。

このイメージで打っているというのが藤田光里プロです。

振りぬく意識で打ち急ぎを逆に防ぐことができるという事です。
インパクトよりフォローでの振りぬきを意識するという事。

点ではなくて、線で球をとらえることができるようになるといいですよ。
線で球をとらえるイメージを持つという事です。

球に合わせに行ったら、腕が先行してひっかけなどのミスが出てしまいますからね。

あなたが飛距離が足りないとか飛ばしたいという場合は参考にしてみてください。
ただ、何度も言うように再現性の高い正しいスイングができていないうちに

このように飛ばしたいからマン振りというわけにはいきません。
基本を無視して練習してもゴルフは上手くなりませんからね。
あなたが再現性の高い正しいスイングを早く習得したいという場合は
僕はその方法をメルマガ限定でお伝えしていますので

メルマガの方をお楽しみください。
無料メルマガ

 

スポンサードリンク