ドライバーでひっかけチーピンをなくすには右ひざが肝心

スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回もあなたのゴルフ上達に役立つ情報を配信していけたら位と思います。

というわけで、今回のテーマは【ドライバーのひっかけチーピンを直す】です。

 

ドライバーのひっかけチーピン、それを嫌がったら今度は右へのスライス。。。

このどちらかを繰り返しまっすぐ飛ぶということがほとんどないという場合の人は多いでしょう。

 

ゴルフ初心者の場合はこのようにまっすぐに飛ばすことができずに悩むということはよくありがちなんですね。

僕もこの気持ちはよく分かりますね。

ゴルフをはじめた当初スライスに悩まされていましたから、

そして、スライスを嫌がったら今度は引っ掛けのチーピンということはよくありましたので何度もこのようなこと繰り返していた時期がありました。

ドライバーでスライスとチーピンを繰り返しているという場合は参考になると思います。

というわけで、以下の動画でチーピン(ひっかけを直す方法)を解説してくれているので参考にしてみましょう。

まず、レッスン生のアドレスを見て右足を開きすぎているということを言われています。

そして、開きすぎている右足を閉じるようにレッスンされています。

右足のつま先は正面を向く

右足に関してはつま先の向きを正面に向けるということですね。

右足つま先が極端に開いて正面よりも右を向いてしまっているとひっかけが出やすくなるということを言われています。

これは確かにその通りだと思います。

実際に練習場で右足のつま先を思いっきり開いてアドレスして打ってみると分かりますが、球が引っかかりやすくなります。

なので、右足のつま先は正面を向けるということを意識しておくことをお勧めします。

オーバースイングを矯正するために、体でブロックするポイントを作る

スライスが出るとかひっかけのチーピンが出るという人はオーバースイングになっている人がほとんどです。

なので、オーバースイングを直すという上でもバックスイングで体のどこかにストップをかけるポイントを作るということを動画で言われています。

右ひざであったりとかですね。

僕の場合は、体にストップをかける箇所は右ひざです。

バックスイングで右ひざが曲がっていれば、右足付け根の股関節部分で重心を受け止めることができますので、オーバースイングになるという事はありません。

つまりバックスイングで体が回りすぎるということを防ぐことができます。

バックスイングで体は回すのではなくて、捻じるという意識を持った方がいいです。

ゴルフは回転ではありません。捻転です。

動画では理想のトップの位置も解説されていますね。今までオーバースイングになっていた人はこの理想のトップの位置を意識してみてください。

理想のトップの位置ができるようになったらオーバースイングを克服できます。

オーバースイングは絶対に直すべきと僕は思います。

そして、最後にバランスの良いフィニッシュを意識するという事。

バランスの良いフィニッシュで決まる

良いショットだったかどうかはやはりフィニッシュのバランスで決まります。

 

ゴルフスイングはやはりフィニッシュでピタっと静止できるようになったら安定して良いスイングができるようになったということが言えます。

なので、バランスの良いフィニッシュを目指しましょう。

思いっきり振っても良いスイングができているとフィニッシュでバランスよく止まることができます。

ピタっと静止まではいかないにしてもしっかりフィニッシュを決めることができるという人は安定したスイングができている証拠になりますので、フィニッシュが決まらないという人はまずはそこを目指していきましょう。

最後にあなたが一気にゴルフを上達させたいというのであれば、僕はその方法をメルマガでお伝えしてます。

メルマガではブログには書けない短期間でゴルフを上達させるノウハウを配信していますのでお楽しいに^^

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

スポンサードリンク