ドライバー飛ばないのは飛ばないスイングになっていない?

スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

ドライバーで飛ばしたいと思う気持ちわかります。

僕もドライバーで飛ばしたい!って思い練習場で振りまくっていた時期がありました。

でも、ドライバーを飛ばしたいと思う反面、飛ばないスイングになっていては意味がありません。

そこで、飛ばないスイングになっていないかあなた自身で確認してみてください。

というわけで、今回のテーマは【ドライバー飛ばないのは飛ばないスイングになっていない?】です。

 

早速結論からお伝えしますと、

ドライバーが飛ばない人というのはダウンスイングが右半身から始動しています。

つまり、右肩、右腕、右腰、右手。

これらの部位からダウンスイングをスタートさせているという人です。

これだとドライバーが絶対に飛ぶようになりません。

トップからこれらの右肩、右腕、右手、右腰からダウンスイングを始めてしまうとドライバーでつかまった球を打てません。

そして、飛距離が出ない。

 

特に、右打ち、右利きの場合(ほとんどの人がそうですが)飛ばしたいと思うと右上半身からダウンスイングするという傾向にあります。

先ほどお伝えした、右肩、右腕、右手、右腰などからですね。

特に多いのがやはり右腕を使って、クラブヘッドを加速させようとするんですね。

でも、飛ばそうと思ってダウンスイングで右腕からボールを叩きに行くことはNGです。

 

これをやってしまったらアウトサイドインのスイング軌道になってしまう人がほとんどだからです。

そして、ダウンスイング時に右腕を使いすぎることによって逆に飛距離を落としてしまうことになります。

それはなぜか?

 

ダウンスイングで右腕を使って球を打ちに行くほど、右ひじが伸ばされていきます。

ダウンスイング時に右ひじが伸ばされてしまうことによって結局タメができなくなってしまうんですね。

タメができなくなってしまったら、それはもう飛距離アップにはつながりませんし、むしろ飛距離を落としてしまいます。

ダウンスイングの時にタメができるからクラブを鞭のようにしならせて使うことができるので飛距離をアップさせることができるわけです。

右ひじがダウンスイング時に伸びるとタメが生まれない⇒飛距離が伸びない。飛ばない

 

こうなると結果的にインパクトでクラブヘッドを加速させることができません。

なので、正しくクラブヘッドを加速したままインパクトを迎えることができなくなってしまうというわけです。

インパクトでクラブヘッドの芯で球をヒットすることができないというわけなので、当然飛距離が出ないわけです。

飛ばそうと思ってあなたも過去に右手を思いっきり使ってボールを叩きに行ったけど飛距離が出なかったという経験があると思います。

 

つまり、飛距離を出したいというときに右腕を使ってダウンスイングするということはやめた方がいいということです。

 

なので、飛距離をアップさせるためにはやはり左上半身でスイングするということがおすすめです。

というわけで、今回の内容は以上になります。

あなたがさらに飛距離アップの方法を知りたいというのであれば、その続きはメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフ上達法を伝授していますのでお楽しみに^^

無料メルマガ

 

 

スポンサードリンク