バンカーショットに自信を持てる考え方と打ち方

スポンサードリンク

こんにちは。

 

ゴルフ侍トシです。

福岡は今日も晴天です。

あなたのゴルフが上達するために、今回のテーマは【バンカーショットをうまく打つためのコツ】についてお伝えしています。

バンカーショットというのは無理に球を上げようとすると失敗します。

バンカーだから球を出したい。

球を上げたい。

グリーンに乗せたい。

 

こういう気持ちってアマチュアの人は当たり前に出てきてしまうわけですが、バンカーは球を上げたいと思ったら失敗するのでこの考えをまずは捨てることです。

このブログではバンカーショットをうまく打つための方法をいくつもご紹介しています。

先日もバンカーショットについてお伝えしました。

手前の砂を打つとバンカーショットはバンカーやさしい

今回は金谷プロがバンカーショットについての細かい解説をされている動画がありましたのでシェアしておきます。

バンカーの打ち方は人によって考え方が違う

人によってバンカーショットもそれぞれ考え方が違うということがこの動画でもわかると思います。

特にこうしてください。バンカーはこう打ってください。というのはないですが、あなたのうまく行くバンカーショットの考え方を自分なりに見つけてみてください。ということで動画をシェアします。

https://youtu.be/S5SnlXsgOzQ

動画では元プロ野球選手の片岡選手が8番アイアンでバンカーショットを打っています。

普通はバンカーショットってSWでしょ?

というのが当たり前に思っている人が多いですよね。

でも、実はSW以外のクラブでもバンカーショットは打てます。

僕の場合はPW、AW、SWの3本を主に使っていますが、力のない女性などは8番アイアンなどでバンカーショットをするのもありだということですね。

そして、バンカーショットの練習方法も解説されていますが、普通に打ちっぱなしの練習場のゴムティーにボールをティーアップしてボールを打つのではなくてボールの下のゴムティーを打つことがバンカーショットの練習になるということを言われています。

打ちっぱなし場でもバンカーを想定した練習ができる

金谷さん曰く砂の中にティーが埋まっていると仮定してティーを打っていくというわけです。

この練習方法は参考になると思います。

普段バンカー練習をできる場所がないという方にはこのような練習を取り入れていくことをお勧めします。

実際に僕も試しにこの練習を打ちっぱなし場で球に行っています。

周りから見たら「この人何やってんの?」って思われていると思いますが笑

でも、こうやって実践を考慮して練習場で想定の上で練習することって実践向きの練習ができますのでおすすめです。

工夫して練習するという癖も付きますし、変わった練習を取り入れていくということもゴルフの練習が楽しくなる要素でもありますので、あなたがバンカーショットが苦手という場合はこのような練習を積極的に取り入れていってみてください。

 

後はバンカーショットというのは砂を運ぶようにして打つわけですが、この時にアドレスで気を付けるポイントを金谷さんが解説されています。

アドレスで通常通り構えてボールと体との間合いを取ったら、バンカーショットの場合は通常のショットは違ってボールではなくボールの下の砂を打つわけですので、普段のボールと体との間合いよりも若干間合いを詰めるアドレスを取るという事です。

バンカーショットをする前のセットアップについてもこの動画は参考になると思います。

フェースを開くということはバンカーショットの基本ですが、これに加えてボールと自分との間合いについて解説されているので、これを知らないという人は多いです。

このようにバンカーショットを考えて打つ前の準備をすると言ことはアマチュアの肩のほとんどができていない部分でもありますので、あなたがバンカーショットが苦手という場合はセットアップに関しても新しい気付きになるのではないかと思います。

 

そして、ボールの下の砂を取る面積ではなくて、ボールの下のどのあたりをヘッドが通過するように振るかが大切ということを言われています。

砂をたくさん取るとか薄く取るとかよく言われることですが、金谷さんのバンカーショットのコツはボールの下のどのあたりをヘッドが通過するかを考えて練習するという事ですね。

こういう考え方でバンカーショットをしたらうまく行くようになったという人もたくさんいるでしょう。

しかし、あなたが「オレは砂を取る量でバンカーショットを打てるから大丈夫」という場合は、特に打ち方や考え方を変える必要はないと思います。

バンカーショットはこういった考え方で打っていくということも頭の中に入れておくと、また違った引き出しが自分の中でできると思いますので、いろいろと試してみるのもいいですね。

バンカーショットは出たらOKという考え方の人もいますが、距離感を考えてピンを狙っていきたいという場合はこのような考え方ももっておくといいですね。

バンカーショットが当たり前にできるようになって、脱出することが簡単になってきたら今度は距離感が気になってきますので、そういう段階に来たらこのような考え方を取り入れて練習してみるのもいいでしょう。

また、傾斜のバンカーショットの打ち方も解説されていますが、これはいいですね。

傾斜に沿ってアドレスして、取れる砂の量のことを考えて打つということ。

傾斜に沿ってアドレスするということをあなたも実践してみてください。

 

というわけで、今回の内容は以上になります。

最後にあなたがゴルフを短期間で一気に上達させたいという場合、僕はその方法をメルマガでお伝えしています。

僕がゴルフを始めて半年でスコア82を出したスイングのキモの部分などをお伝えしていますので、短期間でゴルフを一気に上達させて当たり前に80台でラウンドしたいという場合はメルマガ登録してみてください。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

 

 

スポンサードリンク