ゴルフスコアーが良くなる人はグリーンで集中力を発揮する

スポンサードリンク
49d2e967b6851e7d6ecd7ff9d908f214_s

ゴルフ侍トシです。

パッティングについてです。

 

パットというのは不思議だと思いませんか?

 

トップやダフリといったミスはあっても、

打ったボールがショットのように大きく曲がることはないですし、

シャンクなどというショッキングな現象もないわけです。

 

 

打つ方向を間違えたとしても、左右に5~6メートルも外れることはまれですからね。

それなのに、上手い人と下手な人ではパッティングの差は歴然です。

 

 

これはもちろん練習量の差がもたらすものですが

もう一つ見落としてはいけないことがあります。

それは集中力の差、それからメンタルタフネスの差ということが言えます。

 

 

上級者やシングルプレイヤーがパットに挑むときの集中力というのは尋常ではないです。

 

昔の映像ですが、キャップが風に飛ばされたことに気づかなかったジャックニクラウスとか

オーガスタの16番ホールで神がかり的なパットを見せたタイガーウッズとか典型的な例がありますが

あれだけの力を発揮することができるのは集中力を段階的に高めているからというのが言えると思います。

 

 

つまり、ランディングエリアが広くてミスの許容範囲も広いティショットは入れ込み過ぎずに

2打目、3打目とターゲットを狭めるにしたがって集中力を高めていきます。

 

そして、最後に最大原因集中力を研ぎ澄ませるのがパッティングなわけです。

 

グリーンに行く過程では試合中でも同伴競技者と談笑するプロはいますが

ホールアウト前にグリーン上で談笑するプロはいません。

 

 

それだけパットに集中しているということが言えると思います。

ではアマチュアの場合はどうなのか?

 

めいいっぱいの気合をみなぎらせてほとんどの人がティショットに挑んでいます。

 

 

逆にグリーンに乗ったら今度は安心してホッと一息という心境になっています。

もちろんたまにはそういったことがあるのは分かりますが

 

 

毎回そんな感じではスムーズにスコアアップをしていくのは難しくなります。

これではスコアーを最も左右するグリーン上で良い仕事ができなくなりますからね。

 

 

あなたはどうですか?

グリーンに乗ったからと言って安心していませんか?

周りのゴルファーと談笑していませんか?

 

 

楽しくゴルフをするならいいですが、80台、70台を当たり前に出していくためにゴルフをするのであれば、グリーン上からが勝負だと思った方がいいです。

 

 

メンタルスポーツと言われるゴルフはとりわけ、パットはメンタルの影響を受けやすいです。

 

でも、これから打つパットに集中できていたら心のい波風が立つことはないです。

僕は思います。

 

「自分にとって集中するという事は、決めたことをひとつだけしっかりやること」

 

集中の仕方は人によってさまざまだと思います。

 

でもこれが絶対というものはないです。

 

しかし、心に湧いてくる疑いを消し去って

「これで寄る」

もしくは

「これで入る」

と信じて打てる心理状況を作ることが大事ということ。

 

これはスコアーアップにつながる精神的な部分でとても重要なものだと思います。

あなたがパットが苦手とか、

カップに入らないとか、

パッティングに対していろいろな悩みがあるかもしれませんが、

まずは入れるための「集中力」という面にもいったん目を向けて、

「自分はどうだったかな?」

「集中できているかな?」と考えてみることもありだと思います。

 

最後に僕がゴルフをはじめてわずか半年でスコアー82を出した

再現性の高い正しいスイングを短期間で作れる詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

メルマガではブログには書けない濃い内容をお届けしています。

スポンサードリンク