スタート前にグリーンの速さと硬さをチェックするための方法

スポンサードリンク
1ffaf48147319699b0d0b03efe666547_s

ゴルフ侍トシです。

僕がパッティングが下手くそだったころ

パットがめちゃくちゃうまい知り合いのプロに聞いたことがあります。

 

スタート前の練習場でパットの練習をするときに何を意識するのか?ということを聞きました。

すると

「おもな作業はグリーンにタッチをあわせることだよ」

という回答でした。

 

 

タッチというのは距離感です。

グリーンの速さに自分の感覚を重ねて、その日のグリーンに合った距離感をつかむというわけです。

実はこれは後から知ったことですが、

全てのプロがやっていること。

 

 

練習でカップインを意識してカップインを狙うアマチュアの人がほとんどですが

パッティングが上手い人というのは、ある程度の適当な目標を決めて

リラックスして打つ。

 

 

毎日のようにラウンドしているプロというのはグリーンの速さを感覚的につかむことができます。

そして、自分の中で基準となる物差しができているため、それを基準にして早いか遅いかを判断しているというわけです。

 

 

でもラウンド数が少ないアマチュアに鳴門工はいかないわけですよね。

なので、グリーンの速さを知るために情報というのが必要になってきます。

そのひとつがグリーンの速さと硬さの表示です。

 

 

最近はキャディーマスター室の近くに毎日データを表示するコースが増えてきていますね。

なので、あなたもぜひこれを活用していただけたらと思います。

 

 

グリーンの速さを計測するのに、一定の角度に傾けるとボールが転がりだすスティンプメーターという計測器があります。

 

 

滑り台からボールを転がして転がった距離を測るという感じです。

 

 

原則としては平らなところで3回、そして同じ場所から反対方向に3回おこなって、合計6回計測してその平均値を示す。

だいたい通常のコースでアマチュアがプレーしているグリーンというのは

 

速さが9フィート前後になっています。

これを考えて表示が2桁になっていたら速いと判断できます。

 

 

プロの場合は平均して11フィートから12フィートというのが一般的です。

さらに言うなら国内男子ツアーの場合は14フィートというめちゃくちゃ速い場合があります。

また、もっとマニアックなことを追求するなら

 

 

ボールスピードの変化をもたらすグリーンの硬さ。

こちらも専用の機器のコンパクションメーターで計測すると

アマチュアがプレーするグリーンの平均は11から12ミリが一般的です。

大きなピッチマークがつく10ミリ以下になってくるとかなり柔らかいということが言えます。

ちょっとマニアックな話になってしまいましたが、

結論を言うなら、硬くて遅いグリーンや柔らかくて速いグリーンはありません。

速さか硬さ、どちらの数値が大きいときは速いと判断して良いです。

ただし、グリーンというのは生き物と思った方がいいです。

いくら計測器に頼ろうとしても、すべてがその数値どおりではないことも頭に入れておいてください。

今回はグリーンの速さについてなどちょっとマニアックな内容になってしまいましたが、

参考として頭の片隅にでも入れておいていただけると幸いです。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させるために

再現性の高い正しいスイングを作れる方法はメルマガ限定でお伝えしています。

僕がゴルフを始めて半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分などをお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

メルマガではブログには書けない濃いゴルフ上達法を伝授しています。

スポンサードリンク