パッティング上達の近道はグリーンの情報をすぐに処理する力を養う

スポンサードリンク
80b0098e0a5ba3a9f5b918f97d6d7c7c_s

ゴルフ侍トシです。

あなたがゴルフを上達して、周りのゴルファーをスコアーで圧倒して

優越感に浸るために、今回もよろしくお願いします。

 

【パッティング上達は細かい部分がカギとなる】

ゴルフというのはいわゆる情報戦という一面がありますが、

ショットでそれなりの成果を得るためには、

ボールのライとか風向きとかグリーンを狙うケースであれば

グリーンの形状とか落としどころとかそういった部分が関係していきます。

 

 

でも、パットの場合はショットよりもはるかに多くの情報が必要となります。

 

 

ショットの場合と比較して考えると、気にしなくていいのはボールのライぐらいですね。

ボールトカップを結ぶラインに影響する傾斜とか

または芝目とか芝の長さとか、グリーンの硬さもそうですね。

 

 

さらにライン上とカップ周りのきずとか凸凹とか、または風なんかも考慮する必要があります。

まあ、考えだしたらたくさんあるわけで、

 

これらの外的要素について見極めていく必要があります。

 

 

さらにそこからその日の自分の調子なども加味しながら

どのように打っていくとかそういったたくさんの情報から最終的な決断をするわけです。

 

 

上級者になればなるほど、こういった細かい情報を集めてパットを打つ前に決断して打っています。

 

グリーンに来てから限られた短い時間の中でこのように思考をめぐらせて打つまでの準備に取り掛かります。

 

 

これらの情報を処理しながら最終的に短い時間で決断していくというのは経験値だけではものにできないというのがあります。

 

 

いわゆる要領のよさというのも絡んできます。

 

 

例えばですが、パッティングが上手い人でよくカップインする人などは

要領よくグリーンに来てから情報を処理していきます。

 

 

グリーンに関する情報をあらかじめ集め始めるタイミングというのが決まっています。

 

 

毎回一連の流れの中で情報を集めていきストロークまでの決断が早いです。

 

 

何度も同じことを繰り返さなくていいように、自分なりの決定事項を作っておくということ。

できれば無駄をどんどん省いていき、効率的な情報収集を可能にしています。

 

 

その結果、パットが入るという良い結果をもたらすことができます。

 

 

パットでこのように要領よく情報処理ができるようになると

これはショットにも影響してきます。

 

 

ショットの方がパットよりも必要事項が少ないので

判断スピードがアップします。

 

 

こうなることで、余裕を持ってショット出来るようになるので正確性も上がっていきます。

また、パターを選ぶことも同じで

世の中にはたくさんのパターであふれかえっています。

 

 

そんな中から自分に合ったパターを探すというのは容易な事ではないですよね。

 

 

でも情報収集が習慣化していると自分の弱点とか使っているパターに今足りないものとか

そういった複数の力不足である原因というのが分かってきます。

 

 

パターを気分によって変えるという人はいますが、

 

 

実際にパットの効果を高めることが目的ならば、情報を効率的に使って自分が使うパターを選ぶ方がかしこいですよね。

 

 

おさらいになりますが、グリーンというのは毎ホール形状が違い、集まる情報もそれぞれ違うわけです。

 

 

なので、それらの情報を的確につかんでいくことができる人がパット数を減らしていける人であり、

 

 

また、パット上達の近道になりということはある程度ゴルフをしてきた上級者であれば当たり前に理解できることです。

 

 

あなたが、これからパットの上達を望むのであれば、情報収集という作業を効率的に行っていくという事がゴルフの上達には必要であるという事を知っておいていただきたいと思います。

 

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させるために

再現性の高い正しいスイングを作れる方法はメルマガ限定でお伝えしています。

僕がゴルフを始めて半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分などをお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

メルマガではブログには書けない濃いゴルフ上達法を伝授しています。

スポンサードリンク