パッティングの距離感を合わせる体のブレを防ぐ方法

スポンサードリンク
64782c3fa902ef28fd92169d4fb1a7fb_s

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

福岡の自宅からです。

今日はこれからレイクサイドゴルフクラブ福岡でラウンドなんですが、その前にブログの更新でもということで。

今回はパッティングに関してお伝えします。

というわけで今回のテーマは【パッティングの距離感を合わせる体のブレを防ぐ方法】です。

 

パッティングで下半身がぐらつくという経験ないですか?

パッティングの時に下半身を固定することができずに悩んでいませんか?

その気持ち分かります。

 

僕も初めは下半身が安定せずにパッティングを打つときにぐらぐらでこれでは距離感が合わないということに悩んでいましたので。

あなたもパッティングのストロークで体のブレをなくして距離感が合うためのコツをお伝えしますね。

パッティングは下半身の動きを抑えれば、体全体の余計な動きを防ぐことができますのでヘッドの軌道が安定して、ボールを正確に芯でとらえられるようになります。その結果距離感が安定するというわけですね。

 

ストローク中にカラダをブラさずに振ることによって頭も固定されますので、打ち終わった後に頭が残せるようになります。

こうなるとボールの転がりが良くなります。

そして、あまり大きく振ることなく長い距離を打てるようになります。

 

余計な動きを抑えて、芯でヒットするのが距離感を養うコツ

 

パッティングの基本は芯に当てること。

芯に当てることが重要です。

芯を外す大きな原因はパターと一緒に体が左右に動きすぎてしまう事です。

 

とくにロングパットのように、振り幅が大きくなる時には注意が必要ですね。

 

体のブレが大きくなっていくとインパクトがずれるということになります。

 

当然インパクトが安定しません。

インパクトのズレが大きくなってしまうと距離感が安定しなくなるわけです。

 

なので、ロングパットで距離感が出せないときはストローク中に下半身を固定してください。

下半身を固定するためには、やはりおすすめなのが、ボールの左右にティを刺してヘッドがそのティに触れないように打つドリルをやってみることですね。

この練習をやるとよくわかりますが、パターを大きく振るにつれて下半身が動きすぎることによってヘッドがティに当たってしまいます。

なので、膝や腰を固定する意識をもってストロークしてみてくださいね。

 

この練習ドリルを行っていると次第に下半身のブレをなくしていけます。

下半身がしっかり固定されることによってヘッド軌道が良くなります。

ヘッドアップしなくなります。

そして、芯でヒットできるようになります。

芯でヒットできるようになるため、転がりが良くなり距離感が合いだします。

パッティングというのは打ち方は人それぞれで「パッティングに形無し」と言われますが、下半身を固定するというのはストロークの基本ですので、あなたが下半身が固定できずにブレてしまっているというのであれば、この練習ドリルを実践してみてください。

 

最後に、あなたが一気にゴルフを上達させたいというのであれば、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガでは僕がゴルフをはじめてわずか半年でスコア82をマークしたスイングのキモの部分もお伝えしていますのでお楽しみに。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

スポンサードリンク