フェアウェイウッドを上手く打てるようになる練習法

スポンサードリンク

 

uddo

ゴルフ侍トシです。

今回はフェアウェイウッドを上手く打つためのコツについてです。

フェアウェイウッドがヘタクソな人は

練習場でもマットの上に球を置いて練習している人が多いですね。

もっと本番のための効率の良い練習をした方が上達は速いですので、

ぜひ、今回お伝えする方法を取り入れていっていただきたいと思いますね。

その方法なんですが、

ティアップした球をフェアウェイウッドで打つという方法になります。

では、内容を説明しますね。

地面に置いて球を打つと球を上げようとして逆に打ち込んだりする悪い癖がつくことがあります。

ティアップすることによって打ちやすくなるので、正しいヘッド軌道を意識することができます。

フェアウェイウッドは払い打つようなイメージを持って打つとうまく打てるという人は多いです。

球の高さ、弾道の高さを出すのはクラブの仕事です。

自分で球を上げようとするのはNGです。

ヘッドが緩やかな軌道で入ってくることによって

球に高さが出ます。

あくまで球を上げるのはクラブのロフトの仕事だということを理解しておきましょう。

フェアウェイウッドの特徴としては

長くてロフトが立っているぶんボールを上げるのが難しいというイメージを持ちやすいですからね。

ボールを無理やり上げようとしたらすくい打ってしまいやすいのでダフリにつながります。

また逆に打ち込みすぎることによってロフトが立って高さが出なかったりしてしまいます。

フェアウェイウッドを上手に打つ方法としては

地面からではなくて、ティアップしたボールを打つことがおすすめです。

その方が簡単にボールをミートすることができますので

地面に置いてあるボールを上手く打とうとする悪い癖や動きがなくなってきます。

地面に置いたボールをフェアウェイウッドで打つ練習ばかりして進歩がないという人はすでに変な癖が染みついてしまっている可能性が高いです。

フェアウェイウッドの入射角は緩やかで理想はレベルブローです。

そうすることによってロフト通りに球が上がってくれますのであなたもフェアウェイウッドで練習するときは球の高さに注意してみてください。

ティアップしたボールを打つ練習を行うことによって、地面から打つ場合でもボールが自然に上がるようになりますよ。

こういった練習を取り入れていくことによってゴルフの上達の近道になります。

普通に練習場でマットの上からばかり球を打ってもなかなか上達しない人がほとんどです。

それは、マットというのは実際のコースの芝やベアグラウンドとはちがって、

初心者でもミスショットしていても分からないように優しい作りになっているからです。

ということで今回の内容をまとめると

フェアウェイウッドというのは入射角が命。

レベルブローで打つためには普段の練習でティアップした球を打つことによってその感覚が体に身に付く。

練習場のための練習ではなくて、コースのための練習をすることを普段から意識してください。

僕もこういった練習を積極的に取り入れていくことによってゴルフが上達していきました。

もちろん再現性の高い正しいスイングを作りながらこう言った練習を行うことが上達の近道です。

あなたがフェアウェイウッドをうまく打つことができないという場合、参考にしていただけたらと思います。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて当たり前にスコアー80台、70台を出していくための方法をメルマガ限定でお伝えしています。

最速最短でゴルフを上達させることができる方法ですのでお楽しみください。

無料メルマガ

スポンサードリンク