ミスを少なく3番ウッドをうまく打つためのコツ

スポンサードリンク
igor4g

どうも、ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

今回は3番ウッドをうまく打つためのコツについてお伝えしていきます。

 

というわけで、今回のテーマは【3番ウッドの苦手意識を取ってうまく打つ方法】です。

1打目のドライバーでフェアウェイをとらえて、2打目で3番ウッドを握る機会などロングホールではよくあることだと思います。

そこで、3番ウッドを握っても不安が頭によぎるという人は多いでしょう。

ちょっとした左足下がりなどの傾斜の場合、「うまく3番ウッドで打てるかな?」というように不安な気持ちになる人って結構いると思います。

あなたもこのように3番ウッドを握って傾斜地などにきて不安に駆られていませんか?

そして、無駄に力が入ってミスしていませんか?

いい時と悪いときのギャップが激しいなどで悩まれているのであれば、今回の内容は参考になるかと思います。

3番ウッドで打った後に失敗して「やっぱり、5番ウッドにしとけばよかったかな」とか「7番アイアンできざめばよかったかなとか」このように後から失敗を悔やまれることがないように参考にしてみてください。

 

僕的に思うのは3番ウッドというクラブは14本あるクラブの中で最も難しいクラブと言っても過言ではないと思います。

では、内容に入っていきます。

 

まずは、3番ウッドを使用する場合状況判断を慎重にしてください。

 

状況判断を慎重に

本来フェアウェイをとらえたら状況の良い、ライが良いというのが普通なんですが、たまにフェアウェイでも芝が逆目がかっている場合があります。

 

この逆目で芝が立っている場合は、悪いライになりますので、スイングの妨げになってしまいます。

良いスイングプレーンで降りてきても必ずちょっとダフリ気味になってしまうんですね。

なのでこういった悪いライで3番ウッドを握るのであれば、短く持って少しパンチショット気味に行くとか、そういった工夫が必要になります。

そうでないとなかなかこのような逆目で芝が立っているような悪い状態のライでは、なかなかうまくスイングさせてもらえません。

逆に、手前が低くてボールが芝で浮いているライなどは普通に打っても芯に当たりやすくなります。

 

なので、この悪いライと良いライの状況の違いを常に頭に置いておくということが大事です。

フェアウェイだからということでとりあえず、なんでも3番ウッドという選択肢は避けた方がいいです。

次に3番ウッドをうまく打つためのコツとして

 

インパクトで右足カカトを早く上げない

インパクトの時の右足のけりが少し早い状態になるとインパクトで右足カカトが早く上がってしまいます。

こうなるとスイング軌道が若干アウトサイドインになってしまいます。

 

なので、右足の蹴りを少し我慢するというか、べた足とまではいかないですが、少し粘って左ひざに寄ってくるような使い方をします。

このような右足の動きを入れていくと、よりインパクトゾーンが長くなります。

こうなると入射角も安定してきます。

 

次に、3番ウッドをうまく打つために、

 

フォロー、フィニッシュまでしっかり加速し続ける

どうしても、3番ウッドなど難しいクラブになるとインパクトで当てたいという気持ちが先に来てしまいます。

 

そのため、ダウンスイングで打ち急ぎが出やすくなります。

なので、気を付ける部分としてしっかりフィニッシュまでバランスよく振っていくということを意識しましょう。

左へ引っ掛けてしまうなどの理由はインパクトが強くなりすぎて左ひじが引けてしまうということが原因として挙げられますので、最後まで加速させながらフィニッシュを迎えるということが大事です。

最終的には左足サイドで立てるようになったらとてもきれいなフィニッシュの形になります。

 

やはり3番ウッドを使う前にはボールのライをしっかり見て状況判断をすることが大事です。

ボールの手前が盛り上がっているなどのライではミート率がかなり落ちてしまいますので、そのようなライでは3番ウッドではなく、他のクラブを選択肢として考えるようにしてみてください。

今回の内容は以上になります。

最後に、あなたが短期間でゴルフを上達させたいというのであれば、その方法をメルマガ限定でお伝えしていますのでこの機会にメルマガ登録してみてください。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

スポンサードリンク