左足下がりは左内ももを締めて打つことでダフリやトップを防止できる

スポンサードリンク

今回は左足下がりの打ち方について紹介します。

iuyiuyigr

 

左足下がりのライではボール位置が非常に大事になります。

 

ボール位置が悪いとミスショットが出ます。

 

うまくショットするためにはしっかりとボール位置を意識してショットすることが大事です。

アイアンのボールの位置は左ほほの下が基本です。

 

この位置ならスイングの最加点でボールをとらえることができます。

トゥを真上に向けてクラブを腰の高さでもって、ヘッドを下す。

 

この時に手元は左内ももの前に置いて左ほほの下にボールがあるかを確認します。

 

ボールの位置は上半身を基準にすると一定にしやすくなります。

腰の高さでトゥを真上に向けてクラブを持ってそこから手元を左内ももの前に置くようにヘッドを下して左ほほの下にボールを合わせるのです。
左足下がりではボールが上がりにくい傾斜になります。

なので無理にボールを上げようとするとダフリます。

傾斜なりに低く打つことによってロフトが立って当たり距離が出ます。

まずはボール位置は基本の位置よりも右足寄りに置くことによって傾斜なりに立つことが出来ます。
そうすると自然と左足体重となります。
スイングの軸は左内ももあたりになります。
左内ももに力を入れます。
この上で上体を回すイメージでスイングするのです。
そうすることにより体重が勝手に左足に乗ってきます。
でもこれを過度にすると左ひざが流れてしまってダフリとかトップのミスに繋がります。
左足下がりを上手く打つコツについて紹介しました。
やはり傾斜なりに立つことが大事です。

傾斜なりに立って胸の中心の下にボールがあると正しいボール位置になり正しく構えることが出来るのです。

一番打ちにくい傾斜が左足下がりと言われています。
色々やってみてもどうしてもダフるという場合はこのようにボール位置を変えることが一番大事だと思います。
これに加えて左足ふとももに力を入れて打つことで体が流れることなく軸回転で打つことが出来ます。

体重移動は意識しません。

 

スイング軸は左内ももに置いてここを中心として上体を回す意識です。

 

体重移動を意識するとトップやダフリのミスになるのを覚えておいてください。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

スポンサードリンク