練習場ではうまく打てるがコースになるとミスが出る人へのゴルフ上達法

スポンサードリンク
8aea8bdc9a48467425c7540bfeb53aeb_s

こんばんは。
ゴルフ侍トシです。
福岡の自宅からです。
今回は【練習通りに本番のコースでもうまく打つための方法】についてお伝えします。
多くの人が練習通りにコースで打てないことに悩んでいます。
練習場ではミスショットをほとんどしない。

球筋もドローやフェードを打ち分けることができる。

「練習は凄いよね~」などと言われる。
このように練習場でナイスショットを連発しているがコースになるとそれができなくなるゴルファーのことをよく「練習場シングル」という言い方をしますが、
あなたも練習場ではナイスショットができるけど、

本番のコースになると練習場のように打てずに悩んでいませんか?
本番ではミスしてばかりで悩んでいませんか?
でも、安心してください。
ほとんどの人がこのように練習場通りにコースで打てずに悩んでいます。
練習をどれだけしても、コースではミスが出るものです。

どんなにうまい人でも、プロもそうですが、

ミスというのはゴルフにつきものです。
でも、ミスを減らすということはできます。
うまい人は本番を想定して練習します。
練習のための練習ではなくて、本番のための練習をする。ということです。
練習場のようにコースでも打てるようになるために、

あなたもコースでミスばかりしているという場合はこれからお伝えすることを普段の練習に取り入れてみてください。

■練習場通りにコースで打つための3つのポイント

その1、練習球と本球の違いを知る

コースで多くの人が出るミスとしてダフリがあります。

練習熱心でダフリに悩んでいる人は多いです。

練習ではうまく打てるけど、コースになるとダフリが出る。

これはスイングに問題があると言えばそれまでなんですが、

ボールの違いを知っておくとコースでダフリというミスを減らす練習ができます。
打ちっぱなし場など、練習場のボールはコースで使う本球と構造が違います。
練習場のボールというのは安く、そして耐久性に優れています。
なので、練習場のボールはコースで使う本球とは異なります。
練習場の球は本球と比べていつもどおり打っても球の弾道が低いということが言えます。
これを知らない人もいますが、

知っていたとしても練習場で高い球を打ちたくなる。
または、球を高く上げたくなる。という考えになりやすいです。
高い球を打ちたいと考えると「すくい打ち」スイングになりやすいです。
練習場で高い球を打とうとすると、それは「すくい打ち」スイングを練習していることになります。

アイアンですくい打ちをするということは最も多いダフリの原因となります。
なので、練習場では低い球を打つのが当たり前。という考え方に変えましょう。

 

 

その2、コースを意識して狙う目標を変え続ける
練習場というのは、

「同じ打席」「同じ番手のクラブ」「同じリズム」で打ちやすいです。
同じ打席で何発も球を打つのが当たり前。
同じ番手のクラブで打ち続けるのが当たり前。
同じリズムで打ちやすい。
同じ打席(場所)から、リズムよく打てるようになるまで同じ番手のクラブで何度も打ちなおすことができます。
でも、コースになるとこれができません。
本番では、同じライからのショットはありません。
同じ番手で何度も打ちなおすことはできません。
そして、同じリズムで打ちづらい。
コースでは、その1打1打が勝負なわけです。
なので、ナイスショットが打ちたいという欲も当然出てきます。
練習場とコースでは違います。

なので、練習のための練習をするのではなく、

本番のための練習をするために、「練習から本番を想定して目標を変え続けて打つ」ことで本番のための練習ができます。
このように練習の意識を変えていくことによって、

コースでも練習に近い感覚で球を打てるようになります。
これも本番でミスを減らすための方法です。

 
その3、自分のルーティン通りに練習場でも打つ
ルーティンというのはスイングに入る前の動作です。
本番ではボールの後ろから目標を確認して、スパットを決めて、それに合わせてアドレスしてとか。
スタンスを決めたら、ワッグルを2回入れてクラブをソールするとか。
人それぞれ打つまでのルーティン(毎回同じ動作を行う)というのがあります。
この自分のルーティンを決めたら、練習場でも1打、1打にルーティンを取り入れていきます。
本番で打つ前に素振りを1回入れているなら、

同じように練習場でも素振りを1回入れる。とかですね。
これを練習の時から入れていくことによって、本番でも無意識で打つ前のルーティンができるようになります。
これができるようになると、本番で練習のように打てるようになりますので、
プレッシャーのかかる場面でもプレッシャーに強くなり、リズムよく打てるようになります。

コースで練習場のように打てないというのであれば、

これら3つのポイントを意識して練習に取り入れてみてください。

コースで出やすいミスショットをできるだけ減らすし、

あなたがゴルフを楽しめるようになれれば幸いです。

 

最後に、あなたがゴルフを短期間で一気に上達させたいという場合、

その方法をメルマガでこっそりお伝えしています。

メルマガはもちろん無料です。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

スポンサードリンク