球を飛ばすためには、フェースの芯で!グリップはゆるゆるに握る

スポンサードリンク
doradora

ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

 

最近のクラブはクラブの芯というのが昔とは違う傾向があります。

 

 

とくにドライバーの場合は低スピン、高弾道の球を打つために

フェースの上の方、つまりスウィートスポットよりお少し上で球をとらえることが良しとされてきました。

 

芯よりも少し上でボールをヒットすると、インパクトの瞬間にボールとクラブヘッドが衝突する衝撃によって、フェースが少し上を向いて、これによって打ち出し角度が高くなるとともにバックスピンが減るというギア効果という現象を考慮した打ち方が昔の打ち方になっていました。

 

 

でも、これは速いヘッドスピードでインパクトをするとバックスピンが増えすぎるというクラブとボールの問題を克服するための苦肉の策と言えばそれまでなんです。

 

今のドライバーに関してはそんなことをしなくてもバックスピンの少ない球を打つことができます。

 

 

また、ロフトを増やすことによって打ち出し角度も稼ぐことができます。

 

だったら、フェースの面の反発力が一番高い、フェースの真ん中できっちりとらえた方が飛距離が出ます。

このようにドライバーと低スピン量がすすんだボールが衝突することによって

 

 

必要以上にスピンを減らそうとすることは、球が浮かずにドロップして飛距離をロスしてしまうリスクがあると思った方がいいです。

アイアンについても似たようなことが言えますね。

 

 

ちょっとマニアックな話になってきたんですけど、もうちょっとお付き合いいただけたらと思います(笑)

 

 

一昔前まで主流だったらマッスルバックアイアンやセミキャビディのアイアンはいまのアイアンと比べると重心位置が高くて、芝の上にある球をその重心でとらえるためには

 

 

上から球をつぶすように打つインパクトが必要とされてきました。

 

また、鋭角に打ち込んでバックスピンを増やして球を浮かせることによって、球が上がりにくいことを補っていました。

 

 

これが今でもアイアンはダウンブローに打てというのが脈々と受け継がれている理由でもあるんですね。

 

たしかにアイアンはダウンブローに打てたことに越したことはないです。

 

でも、いまの道具のことを考えるなら

アイアンは一部のマッスルバックをのぞいたほどんどのモデルが低重心化しています。

 

そんなに上からとらえなくても芯に当たるようになっています。

 

また球も上がりやすくなっています。

 

 

あなたがお使いのアイアンが幅広ソールかどうかはわかりませんが、

今の主流のアイアンはだいたい幅広ソールでバックフェースが深くえぐれていたり、

タングステンなどのウエートが埋め込まれているのが多いです。

 

 

このように高機能化と化したクラブをわざわざ難しい打ち方をして使わないでも良くなってきています。

というか、わざわざ難しい打ち方をする必要がないという事です。

 

もちろん再現性の高い正しいスイングができていることを前提にお伝えしています。

 

 

このように当たり前のように聞こえるかもしれませんが、大切なのはクラブの芯でとらえるという事。

 

 

これは芯が広くなったクラブにおいても飛んで曲がらない球を打つための絶対条件です。

 

 

そのためにはまずはグリップは緩く握ることです。

昔からゆるく握れというのは正しいです。

 

 

ほとんどの人が芯を外した衝撃でグリップがずれるということに不安を感じているのでそれを解消するためにグリップを強く握りすぎています。

 

 

こうなるとよりクラブの芯に当たらなくなってしまうのです。

 

そしてクラブの芯に当たらないからといってまたさらにグリップを強く握ってしまいます。

こうなると悪循環になってしまいます。

 

 

グリップを強く握りすぎてしまったら状態に無駄な力が入ってしまいます。

またクラブヘッドも走ってくれませんので、スムーズなスイングができません。

 

 

アドレス時にはクラブが飛んで行ってしまいそうなくらいゆるく握っていていいです。

 

実際はインパクトの瞬間に無意識に力が入りますので。

クラブが飛ぶようなことはないです。

 

 

むしろ逆にクラブを飛ばせるぐらいゆるく握ったら良いスイングができます。

グリップに関しては多少フックに握ることをお勧めします。

 

 

理由はできるだけフェースターンを抑えて球の方向性を安定させたいからです。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて

 

当たり前に80台、70台を出していける再現性の高い正しいスイングを作る方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

スポンサードリンク