セカンドショットの左への引っ掛けをなくす方法

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

福岡の自宅からです。

 

今回はセカンドショットのミスをなくすための方法をお伝えしたいと思います。

ティーショットが最高!

 

でも、セカンドショットでミス。

3打目アプローチでミス。

4オンで2パット。

結局ダボ・・・

 

なんてことはよくありがちなことですよね?

多分あなたもこんな経験たくさんしてきていると思います。

ティーショットがうまく行ってセカンドもうまく行けばバーディーチャンスも出てきます。

 

でも、セカンドでミスしたら。

ボギー、もしくはダボの可能性が高くなってしまいます。

というわけで、セカンドショットのミスを減らすために考えるゴルフという動画で金谷プロがセカンドショットの考え方を解説されている動画があったのでシェアしておきます。

https://youtu.be/6t3nPH-azQ4

動画のレッスンを受けている方は元阪神タイガースの矢野選手です。

セカンドショットの狙う方向についていろいろ解説されているわけですが、これは知らない人が多いと思うので参考になると思います。

 

ショートアイアンというのはロフトが大きいクラブになります。

そのため、打ち出しに角度がつきます。

動画で金谷プロが解説されているように、打ち出しに角度が付くため自分から見たら飛球方向よりも右へ打ち出しているように見えるわけですが、実際は後方から見ると真っすぐに打ち出していることになります。

これは知らない人ってかなり多いとでしょう。

よくショートアイアンを左へ引っ掛けるという人の場合も、この目の錯覚から来ている点が多いです。

つまり、アドレスして打ちだしたい方向へスパットを決めて構えるわけですが、そのスパット通りに打っていくと目標よりも左へ球が飛んでいくことになるわけです。

要はスパット通りにまっすぐに飛ばそうと思ったらおのずと引っ掛けのスイングになっているというわけですね。

 

なので、ショートアイアンの打ち出し角度を考えたらスパットよりも右に打ち出すつもりでスイングすることが実際には目標に向かって真っすぐにスイングできているというわけなんです。

これは知らない人はかなり勉強になると思いますよ。

つまりこれってスイング軌道をインサイドインで正しく振るためには目標の右に向かって振っていくということに気づかれると思います。

スパットに向かって振っていくからアウトサイドインの軌道になってしまっているということも考えられるわけですからね。

こうやって球が飛んでいく角度を意識してみるとどこに向かってスイングしていけばいいのか?というのが明確にわかってきますよね。

スパットに対してまっすぐに振っていこうと思ってやっているけど左へひっかけてしまうという人は、この球の飛んでいく角度を意識して、それなら目標(スパット)よりも右へ振っていくのが当然だよな。ということが分かってくるはずです。

実際にこのイメージで僕はスイングしていませんでしたが、インサイドインのスイングというのは自分から見て、フェースをボールの3時の方向から入れようと思ってスイングしません。

ボールの4時半の位置をめがけてフェースを入れようとしていくわけですよ。

なので、あなたがどうしても左へ引っ掛けてしまうというのであれば、このようにセカンドショットを考えてみてください。

打ち出しの角度がある分、ショートアイアンになるほど目標よりも右に振りぬいていくのが当然だという事を知っておくことがセカンドショットでミスをしないということにつながっていくでしょう。

最後に、あなたが一気にゴルフを上達させたいなら、僕がゴルフを始めてわずか半年でスコア82をマークしたスイングのキモの部分をメルマガ限定でお伝えしていますのでこの機会にメルマガ登録してみてください。

ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ

 

メルマガではゴルフが一気に上達するノウハウをどんどん配信していますよ^^

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。