風や打ち下ろしで効果の高い低い球の打ち方

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

あなたのゴルフ上達のために今回は【風や打ちおろしに効果が高い低いボールの打ち方】についてお伝えしていこうと思います。

低いボールを打てたらアゲンストの風の影響でふけあがるという確率を抑えることができます。

 

まずはグリップの握りからです。

短く握るということが大事。

グリップを短く握ることによってクラブの操作性が高まります。

そして、グリップを短く握ったら目線を低く下げて肩の高さくらいの弾道をイメージしてアドレスとイメージだけで高さを抑えられるようにします。

イメージというのはショット前に必ずした方がいいです。

なにもイメージすることなくショットを打つという事はナイスショットをするためにも絶対にイメージというのを忘れることなくする必要があります。

また、アドレス時に目線を下げて弾道を肩の高さよりも抑える意識をもっておくことによってヘッドは自然に低く動こうとしてくれます。

ヘッドを意識的に低く動かそうとするとダフリやスライスというミス出ますので、意識的に動かすのではなくて意識を持っておくだけでいいです。

 

ティショットで低い球が打てるとコースの戦略性を広げることができますからね。打つ状況は風が強いときとか打ち下ろしでボールを高く上げると風の影響を受けやすくて特に打ち下ろしでは曲がり幅が大きくなるとOBや林まで飛んで行ってしまう可能性が高くなるので気を付けてください。

 

なので低いボールを打つときにはスイングを変えてしまうとスイング軌道やタイミングがずれてしまってミスヒットが出やすくなります。

 

なので変えるのはアドレスだけでいいわけです。

それだけで打ち出し角度を抑えたボールは簡単に打つことができるからです。

グリップを短く握って構えたら、目線を低く取るという事を忘れずに。

目線は肩よりも低いぐらいでOKです。

その高さで飛んでいくイメージも持つことが大事。

ティアップは低い方がいいという人もいますが、僕の場合は基本的に変えないことの方が多いです。

 

低いティアップにすると自然とヘッドを上から入れたくなるのでバックスピンがかかりすぎてしまうことになりますからね。なのでティはいつもと変わらない高さにセットすることです。

そしてヘッドを低く入れて横から払い打つ感じにするとうまく行く確率が上がります。

また、これも意図的にするのではなくて、目線を下げて低く飛ばすイメージを持っておけばヘッドは自然に低い動きをしてくれるので意図的にやるというのではないという事を覚えておいてくださいね。

以上が風や打ち下ろしの時に効果の高い低い球を打つ方法になりますので、あなたも低い球が打ちたいという場合は実践してみてくださいね。

 

最後に、ゴルフを一気に上達させる方法を僕はメルマガ限定でこっそり教えていますので、気になる場合はメルマガ登録してみてください。

ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ

 

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。