遠いバンカーも近いバンカーも番手を変えるだけでOK

a03103b54958782eb29a47acc4f3bbbe_s

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回はバンカーショットの打ち方についてお伝えしたいと思いますね。

というわけで、【遠いバンカーも近いバンカーも番手を変えるだけでOK】ということについてです。

 

バンカーから距離を出すためには、まずは正しいセットアップをつくることが大切になります。

ミスしたり、距離が合わないのは間違ったセットアップが原因となっています。

 

ポイントとしてはフェースの開き方にあります。

 

グリップを握ってから開くのではなくて、開いた後にグリップを握るという順番を間違えないようにしてください。

正しくフェースを開けたらリーティングウェッジを目標方向へ合わせます。

 

そして、ボールの位置はクラブヘッドを手前に入れやすいように左寄りにセットします。

スタンスの向きはリーディングウェッジを目標に向けると自然にオープンスタンスになります。

この正しいセットアップを作ることができたら距離感はクラブを変えるだけでOKです。

短い距離に関してはSWでいいですし、ちょっと長めの距離に関してはA対応することができますからね。

また遠いときは、PWでいいです。

このように番手を使い分けることによって距離を打ち分けることができます。

こうやって番手を変えていくことによって砂を取る量やふり幅を変える必要がなくなるのでシンプルに距離を打ち分けていくことができます。

バンカーショットをSW1本で対応するのはおすすめしません

よくバンカーショットはSW1本と決めている人がいますが、僕はおすすめしません。

とくにアマチュアの場合はバンカーショットが苦手という人が多いですし、バンカーに入っただけでも大きなミスをしてしまった…というような考え方で非常にマイナスな考えを持っている人をよく見かけます。

 

こういう人はバンカーショットが苦手で決まってSW1本でバンカーショットに対応しようとしています。

この考え方はよくありません。

バンカーショットはSW,AW、PWと距離に合わせてこのように番手を変えていくことをお勧めします。

番手を変えることによってスイングを変える必要がないので、距離の打ち分けは番手で調節していきましょう。

 

それではまとめです。

遠いバンカーでも近いバンカーでもうまく脱出するためのコツは

1、フェースを開いて構える

2、フェースを開いた状態でグリップを握る

3、リーディングウェッジを目標に向けてその向きに合わせてスタンスをとる

 

これらの3つのポイントに合わせて番手をその都度変えていく。

例えば僕の場合30ヤード以内のバンカーショットならSWを使用します。

40ヤードになったらAWを使用します。

50ヤードになったらPWを使用します。

こういう感じで距離に合わせて番手を変えていくということをやってみてください。

最後に補足として間違ったフェースの開き方ですが、

クラブを握ってからフェースを開いてしまう人がほとんどです。

 

これではハンドレイトの構えになったりしますのでバックスイングで力みやすくなってしまいます。

 

または打ち込みすぎたりしてフェースを返しすぎるということにもなりますのでかなりミスが出る確率が高くなってしまいます。

フェースは握って開くのではなくて、開いてから握るということを意識してくださいね。

 

最後に、あなたが短期間でゴルフを上達させいたいというのであれば、その方法をメルマガで教えています。

メルマガでは僕がゴルフを始めてわずか半年でスコア82をマークしたスイングのキモの部分をお伝えしています。

もちろん無料です。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

 

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。