片手打ちが飯島プロのアプローチを上達させる秘訣

kadaida

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

今回はアプローチショットを上達させるために、飯島プロがやっている練習方法がありましたのでシェアしたいと思います。

飯島プロはアプローチの練習は両手で打つ前に必ず左手、右手と片手ずつではじめは練習するそうです。

しっかりと片手ずつで練習することでスイング軌道が良くなるということを言われています。

 

また、片手でアプローチをするとクラブが重たいので手先で上げることができないため、体全体を使ってクラブを上げる癖がつくということで、これもアプローチが上達するコツだということが言えますね。

というわけで、以下の動画で片手でアプローチの練習をされているのでご確認ください。

https://youtu.be/DDIIeu9iKEA

どうですか?

片手でうまく打てるようになったら、当然両手で打つと優しく感じるようになるということは当たり前だと思います。

 

片手で練習することで、ライに対しての打ち方も考えられるようになった

そして、動画の後半ではライに対してどのようにアドレスして、どのようにボールに対してフェースを入れていくか?ということを解説されています。

 

逆目のライとか傾斜とかコースはいろいろなライがあるわけですが、そういったライに対応するために、ボールに対してフェースをどのような角度で入れていけばきれいにヒットすることができるか?などを考えながら練習するし、コースではアプローチ戦略として取り入れていくわけです。

 

こういう考え方はアプローチショットがうまくなってくるとどんどん取り入れていった方がいいですね。

まだ、アプローチショットを思うように打てないとか距離感やスイング軌道をよくすることが課題というのであれば、片手打ちで練習を積み重ねていき、ある程度の距離感などを自分中で作れるようになったら今度は、ライに対してどのように打っていくのか?

 

どのようにフェースをボールに入れていくのかというのを考えることで、より実践向きの実践に強いアプローチショットを打てるようになります。

 

片手での練習というのは僕も練習場で良く取り入れていますし、この練習は実際にやった方がいいです。

アプローチショットのような小さいスイングでもいいですし、フルショットで片手打ちで練習するのもありですね。

クリーンにボールに対して片手で打てるようになったからこそ、ボールに対してどのようにフェースを入れるべきかを考えるようになったという事を飯島プロは言ってます。

そして、片手打ちは絶対にやったほうがいいということも言われていますね。

あなたがアプローチショットを上達させたいというのであれば、参考にしてみてください。

 

今回の内容は以上です。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させいたいというのであれば、その方法を僕はメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウも公開しています。

この機会にメルマガの方もお楽しみください^^

ゴルフレッスンプロ(トシ)の短期間でゴルフを上達させる方法垂れ流しメルマガ

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり限定動画でお伝えしています。

ぜひこの機会にLINEの友達追加しておいてください。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、まずは福岡市内のゴルフレッスン(ハイクオリティゴルフアカデミー)をご確認下さい。