パットの軌道よりインパクトのフェース面を整える

 

お世話になります。
ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためにパットについてお伝えしていきます。
パターが上達すれば、あなたのゴルフのスコアーはどんどん縮まっていきますよ。

ということで、今回もよろしくお願いいたします。
では、今回のテーマは【球をラインに乗せて打つという意識ではなく転がる意識】です。

パッティングの技術を身に着けていくうえでのことですが、何はなくてもこれだけでも頭に入れておく必要があります。

それはパッティングのストロークでは「打つ」ではなくて、球を「転がす」ものであるという認識を持っていただきたいです。

球を「打つ」意識があったら、インパクトに合わせて力を入れてしまいやすくなります。

そのため距離も合わなければインパクト時のフェース向きもぶれてしまいます。

イメージとしてはやはり、球離れの速い瞬間的な衝突のようなインパクトになってしまうでしょう。
衝突の強弱に意識が向かってしまって、ターゲットに向かう感覚というのが薄くなってしまいます。

そのうえ、いきおいよく打つ「上りのライン」などでは「より強く打つ感覚」になってしまいやすいです。
結果的にこうなってしまったらよく言われる「パンチが入る」ということになります。

パンチが入ってしまったらそれまでがなにもかもぶち壊し状態になってしまいますからね。

それに対して、「転がす」ということなら、球をラインに乗せるイメージになります。
ターゲットに対しての意識をもっていないと打てないということです。
ボウリングの投球をイメージしていただけたらいいのですが、ラインに沿って腕を振ってていねいに狙ったラインに乗せる感覚に近い。ということです。
球を放つときに指先で意図した強さ、そして速さで球を送り出すこととまったく同じであるということが言えます。
これがパッティングの感覚として持っていただけたらと思います。

パターフェースは球と比較的長い時間接触しながら転がる方向と強さの意思を伝える繊細なインパクトになります。
それでこそ、距離もそうですが方向もあわせることができるようになるということです。
ちなみに「打つ」というイメージは瞬間的に野球のバッティングのような感覚になります。
瞬間的な衝突をイメージさせることになりますからね。
それはデリケートでありタッチを要求されるパッティングには向いていません。
これだけはパッティングの練習をするときに頭に入れておいていただけたらと思います。

軌道どうのよりもインパクト時のフェース向きを考える

ストロークといったら「軌道が大切」という感覚になる人が多いですね。

でもパッティングのストロークにおいては球の転がりの方向に与える影響が大きいのは軌道よりもフェースの向きであるという事です。
これはあるデータに基づいたものです。
軌道のずれがラインに与える影響はわずか20パーセント。
それに対してフェースの向きの狂いが与える影響というのはなんと90パーセント。
別に統計によるとフェースの向きはスイング軌道に比べて4倍重要であるとされています。

1度のフェースの向きのずれは4度もの軌道の逆方向へのズレによって相殺されることが実証されています。
なので、ターゲットラインと4度もずれてしまったアウトサイドイン軌道であってもフェースが1度開いていたら、打ち出しはターゲットラインに乗ります。
それらのデータが示すのは、軌道が狂ってもカップに入る可能性は十分に残りますが、フェースの向きがずれたら狙ったところには打ち出せなくなってしまうという事ですね。

 

なので、結果的に入るわけがありません。

 

これはロングパットでもショートパットでも同じことが言えます。

 

 

芝目のない平らな4メートルのラインでは、真っすぐの軌道でストロークしたとしても、フェースの向きが1.1度狂ったら球は直径108ミリのカップから外れてしまう計算になるのです。

 

このようにデータがあるにもかかわらず、多くの人は「正しい」軌道でヘッドを動かすことに強くこだわっています。

 

気にしすぎて、また動きにスムーズさを欠いてしまっているわけです。

 

それほどまでに慎重に軌道に乗せたとしても、インパクトでわずかにフェースの向きがずれてしまったら、狙ったラインに打ち出すことはほぼ絶望的になってしまうのです。

 

慎重に慎重を期した「正しい軌道」の意味は簡単になくなってしまうことをもっとしっかりと考えるべきだと僕は思います。
なので、結論を言いますと
【本来目指すべき技術的なカギというのは、インパクトでのフェースの向きの再現性である】です。

 

バックスイングの軌道が多少なりとも外や内にずれたとしても、また切り返しのときに多少ループ軌道になったとしても、そんな場合でも、そんなところでという話です。

そんなところでも打球方向にそれほど大きな影響は及ばないということです。

 

これを知った上であなたもスムーズなストロークを心がけてみたらよいのではないでしょうか?

これがパットを上達させるために必要なポイントだと思っていいですよ。

スムーズなストロークを心がけて、フェースの向きを安定させる方が大切であるということです。

それでこそ、球は狙ったラインに乗りますし、タッチも出せるようになっていきますからね。
今回の内容は以上になります。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させ当たり前に80台、70台のスコアーを出していき周りのゴルファーをスコアーで圧倒できる再現性の高い正しい体打ちスイングを作る方法はメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログではお伝えしていない濃い内容も配信しています。

ゴルフが速効でうまくなれる無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。